2017年11月13日

「GARO LIVE」リバーワイドさんから教えてもろた。


数日前、音市で仲良くして頂いているリバーワイドさんから「GARO LIVE」というライブ盤CDをお借りした。
garolive.jpg

その中に収録されている「木馬」という曲を、リバーワイドさん&リバーワイドさんの弟さん&音市のオーナーと近々一緒に演奏するので、その参考として貸してくれたんやね。(あ、リバーワイドさんの弟さんもリバーワイドさんやな。ま、えっか。)

GARO。
勿論、存在は知ってたけどね。
知ってたけど、チャンと聴いたのって・・初めてなんですわw
garo-560x375.jpg

●"君とよくこの店に〜〜♪♪"って曲、あの曲を歌っとる三人組のしっとりとしたフォークグループ。
●トミーとマークは他界してる。
●THE ALFEEがGAROにむっちゃ影響を受けたらしい。
●マークの毛量がむっちゃ多い。
これが俺のデータベースにあるGARO。

音市でリバーワイドさんにお借りして、帰宅してからGARO LIVEに入っている「木馬」を聴いた。
イントロが鳴って「えぇーー?!」やわw

しっとりしとらんやんけ!
つか、バンドサウンドなん?!へぇ〜、そうなんや。
てっきり三人だけでフォークギターを弾いとると思てたからね。

2017年11月の夜中、GAROに驚かされたね。
これ、1973年に発売されたライブ盤やから、発売から44年経って初めて聴いたヤツが驚いたワケや。おもろいね。

ほんで「木馬」、これがええんやわ。
シンプルな曲で、アクセントが心地よくて、"すべては木馬の〜ように♪"ってトコのリズムがカッコよくて。

この曲を覚えるために借りたCDやから、何度か聴いて、歌詞カード作ってね。シンプルな曲やから程なくして覚えた。そこで一先ず一服したわな。

こういう動機で聴くCDって、その曲を聴いたら他の曲はほぼ聴かんのやけどね、このアルバムはナンや気になってね。一服終わってから、今度は最初から聴いた。これは俺にしてはなかなか珍しい現象やね。

したらやね、ええんやわ、これが。
オープニングからバンドサウンドですわ。しかも、結構ロックですわ。
曲目見たら、1曲目が"あの曲"。「あ〜、オープニングね。一旦終わってから、始まるんやな」って思て聴いてたらやな、結構ロックなサウンドから無理くりこの曲に突入した。

また驚いたわなw

そんな感じで最後まで聴いたんやけどね、ナンや、ええんですわ。
ええから、も一度最初から聞き直しましたわ。

ナンかバンドの感じも良くてね。
ふと歌詞カード見てね。下の欄に目を落として、またまたビックリ!

ナンじゃ、このメンバー!
チト河内さんがDrで、後藤次利さんがBa、矢島賢さんがGtやと〜!?

ほんで、プロデューサーがミッキーカーチス?!?!
ナンで、ここでミッキーカーチス?!?!

聴きながら、ネットサーフィン開始!!

なーるーほーどーー☆
そうやってんな〜。へ〜。

って、ナンや楽しい夜中になっとるワケですわ。

「時の魔法」「涙はいらない」この2曲、むっちゃ気に入りました。
こーゆー甘い声って本来あんま好きちゃうんやけどね、曲の雰囲気に合っとるというか、聴いてて心地ええんよね。不思議体験やね。
img_0.jpg

ほんで激しく思たね。
アルフィーって、GAROやんけ!ってw
影響受けたってのは、坂崎さんが言うてたインタビュー記事を昔読んで知ったけど、これまんまやんけ!ってね。つか、同じ事務所(田辺エージェンシー)の先輩と後輩なんやね。


そんなこんなで、気付いたら朝ですわ。
まさかGARO聴いて朝を迎える日が来るとはね。

大変遅ればせながらやけど、俺のGARO初体験・・素敵な夜やったな。

GARO LIVEを貸して下さったリバーワイドさん、有難うございました☆


ラベル:GARO live
posted by ManboGT at 04:37| Comment(0) | 音盤レビュー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金