2012年11月29日

LED ZEPPELIN DVD&Blu−ray 見た聴いた?! ブッとんだ!!

生涯の宝がまた1つ増えた
このライブは・・・
そう言えるモノやと思う



ね?
アッという間に・・11月も終わりですよw
残すところ12月のみ。
2012年。生き抜きましょう☆




今回のLED ZEPPELINレビュー(w)は、11/21に発売された「LED ZEPPELIN 祭典の日(奇跡のライブ)」です。
ZEP1129.jpg

これ、見ました&聴きました?!
俺は、発売に先立って上映された映画にも行って来たのですが、新ためてDVD購入して見ました。


発売に合わせて、色んな媒体で特集されています。
概ね評価は宜しいようです。

概ね・・・?
いや!ほとんど評価は宜しいようです。

ほとんど・・・?
いや!全ての媒体で評価は宜しいようです。


俺の評価ですか?
LED ZEPPELINでした。


レビューなので、色々言葉を尽くして表現しなければいけないんでしょうが、これでエェようにも思いました。プロの評論家ではナイから・・w


70年代のZEPと比較していない自分がいました。純粋に「今のZEP」として見ました。

1曲目の彼等の姿、半端でないカッコ良さです!
ZEP1129a.jpg

そして〜曲が進んでいくごとに彼らの勢いが増していくのです。映画を見た時もそうでしたが、この増していく勢いに笑いが出てしまうほどです。信じれない光景です。

あと・・・
ジミー・ペイジの姿も〜違う意味で勢いが増していきます。着ていたコートを脱ぎ、ベストを脱ぎ、白いシャツ1枚になった時には・・・おじいちゃんになってました。

よく高校時代の友人に30年振りとかで会った時、「久し振り〜!全然変わってないね〜☆」っていう、世にも恐ろしい言葉で再開を喜び合う場面あるでしょ?

このライブに写っているジミー・ペイジは、そんな言葉出てきません。だって・・2時間で劇的に変わっていくから。

でも!
こんなカッコエェおじいちゃんおらんがな!!!
動く動く!!
この動きはナンなんや!!です。
この動きが音に演奏に激しく躍動感を与えてます。

このおじいちゃ・・いや、この人は凄い!!
単なる「ギタリスト」ではナイです。

技術として上手に弾くギタリストは沢山いますが、このような表現が出来るギタリストは・・・この人くらいしか知りません。


そして・・・
メンバー全員が・・・
必死なんです。
必死に演奏しているその姿、過去の栄光にすがるような怠惰は微塵も感じません。確かに〜Keyを下げている曲もありますよ?そんなん関係ないがな!

この1発のライブにかける意気込みたるや、凄まじい。そらぁ〜ジミーの姿が変わるのも無理ありません。この変わりようが、またグッと来るのですよ!!

これが、俺にとっては〜70年代のZEPと比較しなかった最大の源になっているように思います。比較する理由が見つからないのですwつか・・このZEPの方がカッコエェって思うたし。
ZEP1129d.jpg

以前、ファミレスで友人と「経年劣化」について話をした事があるのですが、このライブにおいて、LED ZEPPELINは・・・曲、音(演奏)、バンドの存在感、全く劣化してナイのです。これに関しては、映像を見るより〜CDで聴くとより感じます。もう脅威です。


70年代を通して〜
ライブで初演奏した「FOR YOUR LIFE」、最高の一言でした。めっちゃ聴きたかった曲でもあり、大満足。俺が心で叫んだリクエストに〜応えてくれたとしか言いようがナイw


Drのジェイソン・ボーナム。
あっぱれです!!!
彼がDrやから、LED ZEPPELIN名義でライブが出来たと思う。単にボーナムの看板しか持ってないならNGやけど、それに値する演奏を魂を見せてくれた。何度もフロントの3人がジェイソンの近くに集まってくる場面も、それを象徴していたように感じた。唯一、ツインペダルでなく、シングルペダルで踏んだ欲しかったなぁ〜って思いましたがw、ま、ここはご愛嬌って事で。


最後に。
この映像、めっちゃ素晴らしい内容です。純粋にライブのみをドキュメントしていて、メンバー達の表情も素敵に捉えています。

丸裸のライブ映像、大正解です。ま、丸裸で発売するべきライブであった。という事なんですよね☆
ZEP1129c.jpg

”LED ZEPPELINは凄いバンド”
この定説を守ったどころか〜更に昇華させてしまった彼等。


この映像と音盤を発売してくれて有難う。
2007年にこのライブをやってくれて有難う。
と言いたいです。



今回のLED ZEPPELINレビュー、ここらでお開きですぅ^^/

















posted by ManboGT at 03:12| Comment(0) | LED ZEPPELIN レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

泉谷しげる 眠れない夜 泉谷さんの吠え歌いが最高!

ファンキー!!
モンキー!!!
ウッキッキー!



眠れない夜
風が窓を叩き
手招きして
誘い水をまく
眠れない夜


イメージ膨らむね〜!この歌詞。

今回の音盤レビューは、1974年に発売された泉谷しげるさんのシングル音盤「眠れない夜」です☆
izumiya1.jpg



この曲、昔TVCMで〜上記に書いた歌詞の部分が流れて、妙に耳に残ったんですよね〜。イントロが、スティービーワンダーの「迷信」を感じてしまう☆ カッコエェもんはカッコエェ!

この曲は、ライブがエェね。泉谷さんの吠え歌いが最高。

↑ ↑【ライブ】


今回の音盤レビューは、ここらでお開きですぅ〜^^/












posted by ManboGT at 01:54| Comment(0) | 音盤レビュー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

100ワットの恋人 鈴木茂&ハックルバック 1976年☆

カッコエェ。
この一言で〜
エェように思う。



ヤバイ!!
(焦ってる意味でw)

2012年が・・・
俺の2012年が・・・
ハァァ。。。。。。

今回の音盤レビューは、1976年に発売(カセットのみ)された、鈴木茂&ハックルバックの「100ワットの恋人」です☆
suzuki1.jpg

この曲自体は、1975年に発売された鈴木茂さんの1stソロアルバム「BAND WAGON」に収録された曲です。「BAND WAGON」は、アメリカのミュージシャンを起用しロサンゼルスで録音した音盤で、アルバム発売にあわせたプロモーションのために、ライブで再現するために結成されたのがハックルバックです。


鈴木茂:Vo&Gt
佐藤博:Key&Vo
田中 章弘:Bass
林 敏明:Dr

ハックルバック、1975年だけしか活動しなかった短命バンドですw このバンドで収録された「100ワットの恋人」も、当時はカセットでしか発売されなかったようですしね〜。

出だし、カッコエェんですわ!!
歌詞に「ショーケン」が入っているあたり、時代をビシバシ感じますw 因みに歌詞は松本隆さんです!


俺は「BAND WAGON」に収録されてるバージョンより、ハックルバックで演奏したバージョンが好きです。ある仲間は「BAND WAGON」の方が好きって言うてましたが☆ ま、そういう楽しみ方が出来る事自体、面白いしね。


あ、歌は茂さんが歌うてるんですが、決して上手くないと思います。。でも、めっちゃ魅力的やとも思います☆「フォロー」とかではなく、本心でw


俺が、このバージョンを初めて聴いたのはティン・パン・アレイのベスト盤かナンかやったと思います。ナンでティン・パン・アレイのベスト盤に、鈴木茂&ハックルバックの「100ワットの恋人」が収録されてるか?ですか??ん・・・ティン・パン・アレイのGtは鈴木茂さんなんですわ。そんで、ティン・パン・アレイ関係って感じの括りで収録されてるアルバム(?!)やから・・・でしょうかww

このベスト盤「Yellow Magic Carnival」は、小林克也さんDJナレーションが彩りを添えています。克也さんもカッコエェんよな〜☆

ヤバイ!
(エェ意味で)



てな感じで、突然ではありますがぁ〜
今回の音盤レビューは、ここらでお開きですぅ〜^^/












posted by ManboGT at 01:54| Comment(0) | 音盤レビュー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

坂道のアポロン これは・・なかなか面白いww

遅くなりました!
って感じの遅刻ぶりで・・・
楽しんでます



いやぁぁぁ〜〜〜
音沙汰ナシのご無沙汰でした!

時は巡って〜〜11月!
もう2012年も、残すところ・・・って、まだ早いわな。でも、もうすぐに終わってしまうよ、今年も。悔いの残らない年なんてナイかもしれんけど、俺は愚直に生きてみます。


さて!!
今回のドラマレビュー(アニメw)は、「坂道のアポロン」です。
aporonn1.jpg

ナニィ〜〜?!ですよね。分かってるんやけど、、これ面白い。「遅いわ!!」って言われそうですが。。

や、ホンマに遅きに失する程に遅い参戦ぶり、自分の事ながらあっぱれです!この作品、ジャズ雑誌に記事として載ってたのを見て知りました。

話題になってから〜結構経ってるこの漫画。1966年の長崎を舞台にして、高校生たちの友情や恋心、音楽(ジャズ)を描いた作品。とっくの昔に高校生ではないんですが・・・1966年という時代設定に親近感を覚えます。俺の生まれた年やから。

少女マンガでありながら〜ナイスミドルをも夢中にさせてくれるこの作品、非常に嬉しい!
aporon3.jpg

俺は、まだ最近知ったばかりの新参者やけど、すでに多くのファンがこの作品をディープに支えているようで、人気作品の風格?が早くも見て取れる印象です。

細かい事は申しますまい!
(細かい事をあまり知らない・・)
是非、一度ご覧あれ。


ほな、今回のドラマレビュー(漫画/アニメ)、ここらでお開きですぅ〜^^/












posted by ManboGT at 04:02| Comment(0) | 脱線日記:TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金