2013年02月20日

甲斐バンド NHKホール2013.2.11(月) Back To 70's !!


建国記念日の2月11日(月)。

待ちに待った甲斐バンドのコンサートを見に、渋谷NHKホールへ参戦してきました。
KIMG0013.JPG

70年代後半くらいから甲斐バンドを好きで聴いてたけど・・・ナンと、、ライブを見るのは・・・今回が初めてという。。「おのれはほんまに好きなんかー!」という声がバンバン飛んできそや。。

当時は「100万$ナイト」「流民の歌」「BIG GIG」など、音や映像でしか、彼らのライブを見た事がなかったんやね。

来年、デビュー40年を迎える2013年の今、やっとと言うか、とうとうと言うか、見る事が出来たっちゅーね。


先ず!
この日のセットリストです。
●甲斐バンド「ROCKS」ツアー
********************************
01:破れたハートを売り物に
02:翼あるもの
03:感触(タッチ)
04:きんぽうげ
05:ビューティフル・エネルギー
06:テレフォン・ノイローゼ
07:カーテン
08:東京の一夜
09:裏切りの街角
10:ナイトウェイブ
11:BLUE LETTER
12:男と女のいる舗道(Aco)
13:安奈
14:ボーイッシュ・ガール
15氷のくちびる
16:ポップコーンをほおばって
17:漂泊者(アウトロー)
18:HERO(ヒーローになる時、それは今)
〜En1〜
19:港からやってきた女
20:ダイナマイトが150屯
21:嵐の季節
〜En2〜
22:冷血(コールド・ブラッド)
23:ダニーボーイに耳をふさいで

※演奏順・曲、違ってたらご容赦です
********************************

もう一度申し上げます。
2013年2月11日に参戦したライブですw

このセットリスト・・・
色んな意味で強烈。。

一番最近の曲が、1985年に発表された「冷血(コールド・ブラッド)」っちゅうね!殆どが30年とかそれ以上前の曲やから。

むちゃ明快なセットリスト。

アレンジは各曲若干変わってながらも、当時の感じはガッツリとガッツリと存在してたと思う。

「港からやってきた女」が聴けたん、むちゃ嬉しかった〜。このセットリストからして、聴けるって分かっててもあのイントロのリフが鳴った時は・・・イッた。おら、イッた。

加えて、もし「マッスル」が聴けてたら・・・喜びのあまり脱◯してたかもしれん。そうなると、色々面倒な事になるから・・・聴けんで良かったんかも。。諸々複雑な思いです。いや、やっぱ聴きたかったで!って、んなコト言うたらキリがないんやけどね。


甲斐さん、この4月で60歳。
全く関係ナイ感じやね。

まだまだ、あの手で客を煽ってくれそやし。

そして、昔ライブアルバムで聞いた「甲斐ィィィ〜!!」って罵声・・いや、怒号・・でもナイ、、むちゃアツい声援!これが、今も健在やった事に、またしても驚きと喜びを感じた。勿論、俺も叫んだ。も〜気持ちよかった。


むちゃ遅まきながら・・
甲斐バンドが確かに実在してたと、目撃出来た良き日やった。




posted by ManboGT at 01:39| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

甲斐バンドのライブへ行って来ます!! 2013.2.11 NHKホール


「100万$ナイト」に、「流民の歌」に、興奮したあのバンドのコンサートに!!
kai.jpg

昨年発売された、甲斐バンド「ROCKS」

古い曲ではありながら、今の音で命を吹き込んだアルバム。

HERO不在でも、翼あるものと思うてたら無くなってても、港からやってきた女が実はオカマでも、東京の一夜がこの街で過ごす1週間くらいになってても、甲斐よしひろは、そこでシャウトし続けていると思います。

2013年でも、「きんぽうげ」のイントロが鳴ったら・・・そらぁ〜絶叫してまうでしょ!そらぁ〜そうでしょ。


ライブレビューは、2/11以降に新めて☆
posted by ManboGT at 02:04| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイドルを探せ! 世のアイドルが世界を救う☆


古くは美空ひばりさんや吉永小百合さんから始まり、70年代から一気に開花した「アイドル」という系譜。

俺も、時のアイドルに胸を焦がしましたよ☆

最初のアイドルは・・・ん〜〜〜思い出さないww

あ!
有名人ではナイけど、母の妹である「チコちゃん」と「マリちゃん」が俺にとっては初めてのアイドルかな!! 

え?そう、叔母・・ですけどねw めっちゃベッピンで、子供ながらに一緒に歩いていると誇らしく思うくらいでした。


南沙織山口百恵キャンディーズピンクレディー浅野ゆう子薬師丸ひろ子松田聖子小泉今日子、etc・・・。

その時代を席捲したアイドル達。

華やかなりしその日々、めっちゃ大変やったと思いますよ〜☆ でも、彼女達は一生懸命にその役割を果たしてくれたと思います〜。

ファンのため?自分自身のため?それは分かりません。でも、俺はその時代のアイドル達に、ある意味今でも胸焦がしているトコがあるかもしれません。


吉永小百合さんと山口百恵さん。
2人の全盛期と言われる時代は違います。

山口百恵さんと松田聖子さんも。
百恵さんが引退した1980年に聖子ちゃんはデビューしました。全くの偶然ながら〜こういう時代のリレーみたいなものに、運命めいた事を感じたりもしましたね〜。

それぞれ時代は違っていても、「アイドル」というリレーが数十年に渡って、今現在も続いていると思っています。

今は、昔と違い〜アイドルというカテゴリーも幅広く使われていますけど、それはそれで楽しいんやったらOKですよね☆「アナドル」「ロリドル」「会社のアイドル」「クラスのアイドル」「畑のアイドル」「病院のアイドル」などなど。。

どんな形での存在意義でもエェと思います☆今の時代を走っているアイドルさん達は、ファンの人達のために、周囲の人達のために、持っているバトンを目一杯そして力強く握って走って欲しい。

そして、そのバトンを、次の時代を担うアイドル達に繋げてあげて欲しい。そんな気持ちです。(走ってる最中は・・そのバトンを渡す気なんてナイでしょうけどw)

今の時代を先頭切って走っているのはどのアイドルさんでっか〜?!
AKB48ですか?乃木坂46?SKE48?ももクロ?

皆さんが今持っているバトンは、誰でも掴めるモノではないのです。それを持てている幸せと覚悟、めっちゃ大変やろけど〜しかと感じて走って欲しい☆

あまりの忙しさに・・そんな事を考えてる余裕なんてナイのかもしれんけどねw

俺には、到底想像出来ないけど、走っている時〜走り終わった時の爽快感、達成感、幸福感、充実感、何にも代えがたい「感」なのでは?って。

アイドルだって人間。
笑顔ばかりでなく〜時には苦悩したり涙したりもするでしょう。
でも、それでも!ファンは・・アイドルの笑顔が見たいのではないかな〜?素敵な歌もそうやし、可愛い声も、そして・・・キレイな髪の毛も。


この世にいる、全てのアイドルが世界を救うと信じてます☆












posted by ManboGT at 01:19| Comment(0) | 脱線日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金