2013年11月27日

Charのライブに参戦するでぃ! 12/27(金) EX THEATER ROPPONGI


世界6か国(推定w)で読んでくれている皆さん、
Hello〜☆Chao〜☆Guten tag〜☆Buon giorno〜☆
(って、読んでくれてる人…日本人やろけどね)

さて☆
年末迫る12/27(金)、Charのライブに参戦して来ます!
slide-char3nights.jpg

場所は、EX THEATER ROPPONGI。11/30にオープンする新しいライブハウスですね。
extheater_640x520.jpg


Charさんのライブを見るのは…結構久し振りかも。。
あ、夏の野外イベント(Slow Music Slow Life 池上本門寺)で、去年&一昨年見ました!あの時は、アコースティックライブでした。

今回は、ゴリゴリロックのフルライブです!
ゴリゴリな…なハズです<(`^´)>

俺が行くのは12/27(金)ですが、12/28・12/29の「3Nights」です。

メンバーは!
**************************
Char(Vo.G)
ロバート・ブリル(Dr)
佐藤準(Key)
澤田浩史(Ba)

Guest. ミッキー吉野(Key)
**************************
ロバート・ブリル、佐藤準、ミッキー吉野って名前に「おっ!」って思われた方はRT!ウソウソ^^;。。

恐らく、今年最後に参戦するライブになると思うので、たっぷり堪能して汗かいてきます〜☆

六本木やから…ライブ後、、ウヒョ〜!!なトコロには行かないよう頑張ります!











posted by ManboGT at 00:15| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

80年代のヒット曲シリーズ!宮原学 WITH OUT YOU


宮原学の「WITH OUT YOU」を知らない人達に向けてレビューします☆



宮原学は、1986年に「THE FIGHT」というアルバムでデビューしたシンガーです。

今回、紹介した「WITH OUT YOU」は、1988年に発売された4枚目のアルバム「SCRAMBLE」に収録された曲。(シングルにもなってます)当時、何かのCMソングとしてTVで流れていた記憶もありますが…ちと曖昧やね。。

1988年は、バブル絶頂期でもあり、こういう硬派なサウンドは少なかったような気がします。彼の太い声と絞り出す感じの歌。カッコイイ!って感じてくれたら嬉しいです☆

「SCRAMBLE」というアルバム自体、めっちゃカッコエェんですよ。今聴くと〜むしろ新鮮かもしれないです。

今回レビューした「WITH OUT YOU」なんですけど。
最近、ふと〜散歩してたらこの曲が頭の中で鳴ったんですよ。全く突然に。家に戻って〜久し振りに聴いてみたら〜やはりイイw!

でもでも??
俺は新曲として、当時この曲を聴いたから、、もしかすると「当時の思い出」とか?も合わさっちゃって〜良く感じたのかもしれないって部分もあり??

だったら〜「WITH OUT YOU」を知らない人達(特に20〜30代)に聴いてもらいたいな!って。知らない人達は「当時の思い出」がナイから、変に美化する理由もナイやろうしねw

ま、言うても1988年の曲なんで、、25年経ってるワケです。上のPV動画も静止画像ながら〜経年してるのを十分感じるしw。

もし、「WITH OUT YOU」を気に入ったら、他の曲も是非聴いてみて下さい。

個人的には、1991年に組んだ、BABY'S BREATH っていうバンドも大好きです。特に1枚目のアルバムとか良かった!全部で2枚しか出てないバンドやけどw。。

REBECCAというバンドの元メンバー3人がいた事でも、当時話題になったような…気がするw。。(REBECCAについては、新ためて〜熱烈にレビューするので!)BABY'S BREATHは、短命で終わりましたけどね^^;。。


そして、宮原学・・・決して過去のシンガーではありません。
今もガンガンに活動しています。

 ♪♪〜宮原学のHP(ライブ情報)〜♪♪

予定されているライブですが、ドラムは…村上PONTA秀一だぁ〜〜!!!


ほな、今回の音盤レビュー(80年代ヒット曲シリーズ)、ここらでお開きです^^/




61CAwJYsXoL__SL500_AA300_.jpg
宮原学 「SCRAMBLE」


51MZY9hDkbL__SL500_AA300_.jpg
ベイビーズ・ブレス「BABY'S BREATH」









posted by ManboGT at 03:45| Comment(0) | 音盤レビュー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金