2014年04月13日

石川さゆり×椎名林檎、NHK「SONGS」で共演。めっちゃカッコエェ! 4/17(木)に再放送あり!


4/12(土)、
NHK「SONGS」で、石川さゆり×椎名林檎の回を見たんですが〜

めっちゃエェ!!!!

いやぁーカッコ良かったなぁーー!
このタッグ、大正解やね!!
素晴らしかった。


石川さゆりって人は、、ホンマに色艶が凄い。
イントロ始まる前から、もうキレてる!
目で歌うてるよね。


「暗夜の心中立て」 林檎節炸裂してます。
それを歌うさゆりさんの妖艶なコト。
画面見ながら笑ってしまいました。あ、嬉しくてって意味でねw


お二人と親交があった、亡き中村勘三郎さんが60年代に一世を風靡したザ・ピーナッツを好きやったという事で、それをモチーフにした「名うての泥棒猫」、これも最高にPOPで色っぽい曲。こういうの歌われちゃうと・・・ゾクゾクしてくるなぁー♪


この下に「暗夜の心中立て」のPV(Youtube)をUPしておきますが〜
さゆりさんって、ライブで歌うのが最高に素晴らしいと思う。



そして!
今回のSONGS、再放送ありますよぉー!!
■2014年4月17日(木)25:30〜25:59
です☆



観れなかった方々は、お見逃しなく!!




暗夜の心中立て(Aタイプ)



暗夜の心中立て(Bタイプ)(DVD付)



暗夜の心中立て(Cタイプ)(DVD付)










posted by ManboGT at 02:40| Comment(0) | 音楽番組レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

WOWOWでドキュメンタリー映画「サウンド・シティ −リアル・トゥ・リール」を見ちゃって〜テンションMAXでUPップー!


春到来ーー!!
Spring has comeーーw!!


めっちゃ遅まきながら・・・
数日前に、WOWOWで「サウンド・シティ −リアル・トゥ・リール」という、ドキュメンタリー映画を観ました。


この映画、去年制作された映画で、デイヴ・グロールの初監督作品。
デイヴ・グロールは、元ニルヴァーナのドラマーであり、現在はフー・ファイターズのフロントマン。
640.jpg

「サウンド・シティ」はスタジオの名前で、1970〜80年代にロックの名盤の数多く録音されたレコーディング・スタジオです。2011年にスタジオは閉鎖されたんですが、その閉鎖をきっかけにデイヴ・グロールが映画の制作を決意したみたいですね。
f52df5c25ef302.jpg

内容は、スタジオの歴史を追うドキュメンタリーでもあるんやけど、
とにかくアツい。いちいちアツい。

勿論、「最高!」という意味で。

このスタジオで録音された多くのアルバムを、俺自身も後追い&リアルタイムで聴いているので、もう釘付けで観ちゃいましたねー。
maxresdefault.jpg

最後には、ポール・マッカートニー参上ですよ。
「困った時のポール・マッカートニー」ですよ。
って・・別にナニも困ってないけどね。。
d1355-2050-552372-0.jpg
↑【映画で録音された曲「Cut Me Some Slack」が、第56回グラミー賞授賞式で、最優秀ロック・ソングに、サウンドトラックが最優秀サウンドトラック・アルバムを受賞。】


このスタジオ、ドラムの音鳴りが恐ろしく良かったそうですね。
その場面は〜なお一層、画面に釘付けでしたw
008.jpg

とにかく「音」「人」を追い求める事に執着している映画です。
行った事ナイけど、サウンドシティにいる錯覚に陥ります。
bsby3ocv8oRiDVFL3aKXMRmgyqR.jpg

放送してたのは、結構な深夜やったんですが〜見終わって脳がギンギンになってしまい、全く眠くならず〜嬉しい戸惑いでした。



サウンド・シティ - リアル・トゥ・リール [DVD]

















posted by ManboGT at 04:14| Comment(0) | 音楽番組レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金