2014年07月22日

進化論のライブを見に「北千住Knock」へ参戦してきた件 〜雷雨に負けない音魂がそこにあった〜


7/20(日)、久し振りにライブを見に北千住にある「Knock」というライブハウスへ行って来ました。
進化論1.JPG

進化論2.JPG


見に行ったバンドは「進化論」
進化論3.JPG

Vo:モンチ(サルにあらず)
Ba:佐俣文章
Dr:ディック・ヨネ(外人にあらず)

バンド名は「進化論」ですが、3人ともチャンと完成された人間です。ナニをもってチャンとしてるのか?と問われちゃうと…もしかしたらチャンとしてないかも?!しれんけどねw
進化論6.JPG
↑ ↑【Voのもんち。人間でしょ?】

進化論7.JPG
↑ ↑【この人の放つベース、エロい。】
  【奥にDrディック・ヨネさんの幻、、いや勇姿が!】

進化論8.JPG
↑ ↑【Baさまさんのエフェクターボード】


初めて進化論のライブを見たのは、もう10年以上前かなー。その頃はVoとBaのデュオでした。3年くらい前にドラムが加入し、トリオバンドとなり、現在2代目ドラマーのディック・ヨネさんがボトムを担っています。

今回、ディック・ヨネさんを擁した進化論を初めて見たのですが、これまた進化してましたな。どんだけ進化していくんや、このバンド!って感じで。

ヨネさんのドラム、まぁーー表情が豊かなんです。
彼のドラムで曲がうねりまくってました。それでなくても、モンチの歌とさまさんのベーズがうねってますからね。

もー「音のSEX」です。「音の3P」やね。


そして、対バンの方々がこれまた素晴らしかった。仲間のライブを見に行って、対バンが素晴らしいと余計に嬉しいよね。

弾語りアコギストの祥人さん。
ギター&歌のパワーが半端ない!!ギターが嬉しい悲鳴を上げてたね「も、もーこれ以上の迫力出せましぇーん!」って。歌の表現もそう。こういう人の歌聴けるとホンマに酒が美味い!

永田雅之さん。
この人も弾語リストなんやけど、この日はストラトでの独奏。進化論のBa/さまさん曰く「エレキかアコギかは、日によって」だそうです。この人の声も素敵でした。MCも面白かった。飄々としてて愛しい腹黒さがあってw。

そして、福岡久留米から馳せ参じたトリオバンド、スネーキージョー
俺、2曲しか聴けなかったんやけど、いやぁーブルージーやったね。ナンで、西の人間ってこうもブルージーなんやろか。って、俺も西の出身やけど。ま、俺は東に長く住んで東の水に染まったから・・・西のブルージー度数が薄くなってるね。。


進化論。
長く見に行っているけど、全てのバンドが長く見に行けるワケでもない中で、それに耐え得る軌跡を辿っている事、「あっぱれ!!」です。

また、進化論の「音のSEX」「音の3P」を体感しに行くのが楽しみになりました。
進化論9.JPG

ほな、今回のライブレビューはここらでお開きです^^/〜〜〜



※進化論のHPとブログはこちら↓  ↓
■進化論 official website■
■もんちの観察日記■












posted by ManboGT at 13:21| Comment(2) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

フジテレビ系「僕らの音楽」で、またまた驚いた! ナンと谷村有美サンが出演とは!!


7/4にフジTVで放送された「僕らの音楽」に、また驚かされましたー。

「僕らのGiRL POP」と題したこの日、谷村有美さんが出演したのですわ。

※5/9に、同タイトルで放送された記事が〜
【5/9(金)に放送されたフジTV「僕らの音楽」に驚きーw「僕らのGIRLS' ROCK」と題して〜NOKKOや山下久美子らが出演!】

なので、今回のはPart2的な放送ですね。


森高千里/「ララサンシャイン」、谷村有美/「がんばれブロークン・ハート」、川本真琴/「愛の才能」、きゃりーぱみゅぱみゅ/「きらきらキラー」、※トークのみ出演:渡瀬マキ/加藤いづみ/中川翔子

谷村有美チャンがTVで歌うなんて何年振りなんでしょうーかw個人的には「愛は元気です」とか歌って欲しかったですけど。

この出演を楽しんだ人達・・・結構沢山いるんでは?!

彼女、確か実業家の男性と結婚して〜もう以前のようなバリバリな活動はしてないものの、コミュニティラジオのミュージックバード「谷村有美のそれなりに+」という番組でMCをしてるんですよね。恐らく、サイマル放送で全国のファンが聴いているんでしょうな。

この番組をやっている事、実は先月知ったんですよね。
俺がヘルプで参加してるバンドが、ミュージックバードの音楽番組で、3か月間音源を流して頂いたんです。流していただく最終の放送日にインタビュー出演するため、TOKYO FMへ行き4階にあるミュージックバードのスタジオで番組収録したのです。ま、5分くらいでしたけどw

その際、番組表を見て〜谷村有美さんの名前を見つけたのです。この番組って2005年からやってるみたいでw全然知らずでした。

10数年を経て、元気な姿を見る事が出来たというのは〜とても嬉しいもんです。


90年代、彼女は確かにあの時代を彩った歌手の1人ですからねー。当時、2度ライブ見に行ったかな〜。同級生が熱烈なファンで、彼女のアルバムを俺んちに置いていき、「聴いてみ!イイから」と、一言残して俺んちを出ていきました。

確か「Face」「Hear」「PRISM」という3枚のアルバムやったような。そんで、何気に気に入った俺は・・・「愛は元気です」というアルバムを自分で買ったというw

1992年8月、富士急ハイランド横にあるコニファーフォレストっていう、野外会場でコンサートがあって、当時、千葉県木更津市に住んでた俺は、その熱烈なファンである同級生と車に乗ってコンサートへ参戦。(コニファーフォレストって・・・今もあるんやろかw)

いやぁ〜めっちゃ雨やったんですよねww
22年前の事なので〜記憶を大袈裟にしてしまいそうですが、結構な豪雨やった気がします。

でも、コンサート自体はエェ感じでした。これまた、子供みたいな感想で申し訳無いですが。

当初、コンサート見たら、そのまま千葉へ戻るつもりやったんですが・・・雨効果で必要以上に盛り上がったせいで、若人2人・・・近隣の旅館で1泊しましたねw

風呂に入って〜ノンビリしようと思ってたら・・・旅館なんで、、卓球台がありましてね。

俺、卓球が好きでしょ?(って・・・知らんがな!!)

そう、好きなんですよ。
で、朝方まで同級生と卓球に興じましてね。結局、1泊して余計に疲れた。という有り様でした。

というワケで〜
「谷村有美」という名前を聞くと・・・'92年の夏にコニファーフォレストのライブに参戦した時&旅館で朝まで卓球やった時、を思い出すのです。あまり音楽的な記憶で無くて恐縮なんですけど。。


楽しかった出来事を久し振りに思い出して嬉しかったという事で、ここらでお開きですぅ^^/




谷村有美【愛は元気です】













posted by ManboGT at 02:34| Comment(0) | 音楽番組レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

WOWOWで7/5(土)に放送された、ビートルズ・トリビュート・ライブショー「LET IT BE」は、再放送されるのか〜?!


7/5(土)。
それは、土壇場になって気付いたのでした!

WOWOWで、ビートルズ・トリビュート・ライブショー「LET IT BE」が放送される!
1400548076.jpg

2012年9月にザ・ビートルズのデビュー50周年を記念しイギリス・ロンドンで制作されたライブショー。アメリカ・NYのブロードウェイ公演でも絶賛されたステージが、今年3月に来日しました。

この日の放送は、2014年3月6日、東京の東急シアターオーブで行われたショーでした。


初期〜中期〜後期と、それぞれの時代に分けてショーは進みます。もう少しミュージカル的要素があると思ったのですが、ほぼライブですよね。タイムスリップ的なライブショー。でも、音は最新というw

リンゴのドラムとか、叩き方よく似てて面白かったですねー。ジョンのMCでの喋りとかもよく似てると思いました^^ 演奏、とても上手いw 子供みたいな感想で申し訳ないですけど。

同じ人達が全期を通して演奏しているので、それぞれの時期の躍動感とか細かい事を言い出すと・・・「そりゃ〜アンタさぁー!」ってなるのでねw

でも、リンゴのドラムの感じとか、よく表現してたと思いました☆

会場、満席かと思ってたんですが・・カメラが客席を映したシーンがあって、2階席かな?結構空席があって〜「おや!」って意外でしたね。なら、オマエ見に行けや!って話やけど。

演者の4人、俺には懸命に誠実に演奏していたように見えたのも良かったなー。日本語で「立って立ってー!」なんて、お客さんを煽ったりしてて。

生で見てたら、また楽しみも大きかったとTVで見ながら〜空席を埋める1人にならなかったのを少しだけ悔やんだりした2時間の放送でしたw

これ、再放送の予定はあるんやろかー?
仲間に知らせたいが、、再放送の日程を「お土産」にしないと・・「冷やかしかいなー!」って憎まれ口叩かれそうやしな。。

分かるまで、、黙っとくかw

あ、、この記事見られたら・・・バ・レ・る??












タグ:Let It Be WOWOW
posted by ManboGT at 02:51| Comment(0) | 音楽番組レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

TUBE シーズン・イン・ザ・サン(Special Remixed Seaside Version)の似合う季節が近付いてくる・・・かw?!


現在、梅雨真っ只中であります。

ナニやら南の辺りで台風も発生したようで。。
来週半ばには本州への上陸も予想されてますねー。。


てな感じではありますがー
何故か最近、耳が「聴きたい!!」と欲してる曲。

それが・・・
TUBEの「シーズン・イン・ザ・サン(Special Remixed Seaside Version)」
showPhoto.jpg

いやいや、TUBEって!・・・と、耳の欲求とは別に〜若干照れたりもするワケです。

でも、欲しているんですよね。耳が。

なので、聴いてみましょー。



この「シーズン・イン・ザ・サン(Special Remixed Seaside Version)」、曲名の後に(Special Remixed Seaside Version)が付いてるので、通常バージョンと違うのはご周知の通り。

「シーズン・イン・ザ・サン」が1986年4月発売され、12インチEP(レコード盤)として「Special Remixed Seaside Version」が、3か月後の7月に発売されました。

このバージョン、出だしから通常バージョンとは全く違います。
通常バージョンが、ギターの単音フレーズでフェードインしてきて、ドラムの”ダンッ!”⇒「ストッップ・ザ・スィーズン・イン・ザ・サァーーン♪」と、割と早めに歌が始まるのに対し、「Special Remixed Seaside Version」は、およそ歌謡曲臭のしない、アコギの”ジャァジャッ”というアクセントと、涼しげなパーカッションでリズムイン。

最初に通常バージョンで聴いた側にとっては「おっ?!」と意表をつかせる確率高し!

開始0:49で「ストッップ・ザ・スィーズン〜〜♪」が入ります。シーズン・イン・ザ・サンは、サビのフレーズが冒頭に来るんですが、それはこのバージョンも同じ。

サビのフレーズが終わった後に来る演奏・・・
このバージョンの一番好きなトコロは、ズバリ!ここです。

1:20〜1:42の、アコギソロを絡めた演奏にグワァン!と、気持ち高めになるのです。

出来ればここの演奏を延々と続けて欲しい。それほど気持ちが躍るんですね、ここ。ま、実際には20秒チョイだからこそ〜愛しく感じるんでしょうけどねw

海沿いの道でも〜
P5052902+.jpg

緑に囲まれた道でも〜
midoriasa.jpg

自然を近くに感じるところを車で走りながら聴くと、ホンマに「持ちイイ〜!」ってなる。ベタベタですが。。


ハイ!
この曲、ここだけ言えれば〜もう満足です。というか、、イントロと1:42以降は、通常盤と激しく違わないというのもあるんですが。

俺にとって「Special Remixed Seaside Version」は、1:20〜1:42の22秒間なのかもしれません。


今でも耳が「聴きたい!」と欲するのは、たった22秒ながら・・・めっちゃ心躍ったその22秒なんでしょうね。

ほな、今回はこれにてお開きです^^/











posted by ManboGT at 04:17| Comment(0) | 音盤レビュー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金