2015年04月29日

80年代の名曲、というより…ズバリ「名曲」。松田聖子の『瞳はダイアモンド』この曲の魅力は…凄まじいね。


数日前、YouTubeをサーフィンしていたら〜左横のメニュー画面に目が止まりました。

「松田聖子 瞳はダイアモンド」

思わずクリックしてしまった。見ていた動画(ジュリーの「カサブランカダンディ」)は…消えましたw

「瞳はダイアモンド」をキチンと聴いたのは、何年振りか…全く思い出せないくらいの久し振り。


というコトで、
1983年10月に発売した、松田聖子15枚目のシングル音盤「瞳はダイアモンド」が、今回の音盤レビューです。
c0264a2c.jpg


聖子ちゃんの記事は何度か書いているけど、音盤記事を書いたのはアルバム「風立ちぬ」でした。
【松田聖子 風立ちぬ Youtube特集☆】


「風立ちぬ」の記事にも書いたけど、この頃に”始動”した「はっぴいえんど」一派を中心としたチーム、「松田聖子を盛り上げる会」による(そんな会はございません)、絨毯爆撃のような怒涛の名曲発信時代でありました。

”松田聖子”という、80年代が始まったと同時にトップへ駆け上った、瑞々しい感性と魅力に溢れた「時のアイコン」へ向けて、信じられないくらいの充実した楽曲群が彼女の下へ。

『この機を逃さず〜ぶっこむだけぶっこみまくれー!』という、松田聖子を盛り上げる会(w)の雄叫びが聞こえてきそう。


結果・・・
シングル曲でもない「アルバムのみに収録されているだけの曲」と呼ぶはずの曲が、”だけの曲”ではなくなってるからね。言葉は悪いけど…これ褒めてますから。最高に褒めてます。

「ベスト盤です!」として発売してもOKな高品質アルバムやと思うけど、それが普通のアルバムなんやから参ります。普通のアルバムという名のベスト盤が、何枚も連続して作られてたんです。どんだけエロいんだって話ですよ。


この「瞳はダイアモンド」って曲は、その中でも凄い曲やなーって思いますよ。

●歌詞
●メロディ
●アレンジ
●演奏
●歌&声

それぞれが最高な存在感を持っていて、最高な具合に絡み合っていると思います。

聖子ちゃんの声と歌、本当に存在感ありますよね。「何を歌っても松田聖子」と揶揄された事もありましたが、強烈な個性と存在感の証でもあります。

人の琴線に触れる絶妙な表現力。狙ってるよなーって思いつつも、その魅力に引き込まれていく。もう悔しいけど "あの一派"の思惑?にまんまとハマッてます。それが、嫌でないから・・・イヤんなっちゃうんですよね。


歌唱力について、聖子ちゃんは歌が上手い!という評価を多く目にします。

俺も勿論同感ですが、ピッチ感とかで言えば、決して完璧ではなかったと思うんです。「瞳はダイアモンド」でも、ピッチが危うい箇所ありますよね。※80年代後半、全米デビューのために渡米した際、プロデューサーのデイヴィッド・フォスターからピッチのズレを指摘され、徹底的に直されたって記事を読んだことありました。

制作側、多分それは分かってたでしょう。歌唱するという行為で超大事な要素ではありながらも、それを上回るだけの圧倒的な魅力を持つ彼女の声と色と表現力、そっちを優先したのかなーとも。当時は殺人的に多忙な日々だっただろうから、スタジオ録音に割く時間も限られてたかも?ですが。


これは、本人からしたら複雑な心境かもしれないけど、結果として大正解だったと思います。
(以前、聖子ちゃんの歌を聴いたという20代の友人から、「歌っつうか、声の表情と個性が凄いっス。ガンガンに鳴る最高級の楽器に匹敵するくらいに凄いっス」って・・・危うく意味不明になりそうな感想を聞いたこともありました。)

聖子ちゃんの歌い方で好きなトコ。
「る」の言い方というか歌い方ですね。字で書くのは難解ですが…「る」と「トゥ」の間って感じ?めちゃ艶っぽい。

そして「しゃくり」です。聖子ちゃんのしゃくりは天下一品。これも完全に狙ってますよね。よね?分かってるんだけど〜この色彩感がもうたまりません。

さらに、息漏れさせた細くかすれた歌い方。前後の声との抑揚になってて、これまた脳内でジュワ〜っと快感ホルモンが分泌される気がします。


演奏。
●「愛してたって言わないで」の後、イントロのフレーズとアコギの音。もうこの時点で名曲決定〜!って宣言出来ちゃう。
●「映画色の街 美しい日々が〜」、「日々が」の後に入るGtのオブリ。これもまぁ〜〜素敵で。このオブリはここだけでなく、他の同パートでも聴けます。
●つまんない言い方で申し訳ないけど、ホンマに無駄がない演奏。無駄はナイけど鮮やかな演奏。

メロディ。
ユーミン作曲なのですが、ホンマに素晴らしい曲を書いたなーって。サビのメロディ、感情がグヮングヮン揺れてしまいます。
もう、「ユーミンやがな!文句あるか?!」って、ひれ伏す思いです。

歌詞。
この曲が、これほど魅力ある曲として30年以上経っても尚、輝いているのは歌詞の力が絶大過ぎるから!と、思っています。
こんなことを俺が今更言うまでも無く、有名無名問わず多くの人達がこの曲の歌詞の素晴らしさに感嘆していますよね。


この心象風景の描き方たるや!です。

冒頭の歌詞「映画色の街」。これだけでも聴いた人達それぞれのイメージが膨らんでしまう。
その後の「美しい日々が切れ切れに映る」という歌詞の「美しい日々」が、天然色、モノクロ、セピア、8mm的、色々な印象を与えます。

「あなたの傘から飛び出したシグナル」という歌詞。
シグナルとは、合図・サインなのか?信号機なのか?それによって、この場面の情景が大きく変わってきます。

「哀しいうわさも」、これもそうです。おおよその想像はつくのですが、他に好きな人が出来た。とか、浮気をした。とか、具体的な言葉にしたら、それでもう決まってしまう。「哀しいうわさ」にしている事で、色んな「哀しいうわさ」を思い浮かべることが出来る。

さだまさしさんの歌みたいに小説級の歌詞量はないですが、この曲の歌詞は、十分に小説並みの広がりを感じるものになっていますよね。

もう、松本隆という作詞家の恐るべき能力に、ただただ『ブラボー!』と叫ぶしか、この感覚を表せませんw

歌詞の魅力は、もっとありますが・・・止まらなくなるので、、ここら辺で^^;。。


「瞳はダイアモンド」
もし、聴いたことがない方は是非聴いてみて欲しいです!



瞳はダイアモンド

作詞:松本隆
作曲:呉田 軽穂(松任谷由実のペンネーム)

愛してたって言わないで

映画色の街 美しい日々が切れ切れに映る
いつ過去形に変わったの?

あなたの傘から飛び出したシグナル 
背中に感じた
追いかけてくれるやさしさもない

ああ 泣かないでMemoris
幾千粒の雨の矢たち
見上げながら うるんだ瞳はダイアモンド


哀しいうわさも笑い飛ばしたの
あなたに限って裏切ることはないわって

でもあなたの目をのぞきこんだ時
黒い雨雲が二人の青空 消すのが見えた

ああ 揺れないでMemoris
時の流れが傷つけても
傷つかない 心は小さなダイアモンド


ああ 泣かないでMemoris
私はもっと強いはずよ
でもあふれて止まらぬ 涙はダイアモンド












posted by ManboGT at 03:05| Comment(0) | 音盤レビュー(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

ホワイトスネイクが、デイヴィッド・カヴァデール在籍時のディープ・パープルの曲をre-imaginationしたアルバム『The Purple Album』を4/29にリリース!※「Burn」と「Stormbringer」のPVあり。


↑ ↑という事を、最近知りました。
タイトルに全部伝えたい事を入れてしまいましたw


『The Purple Album』で取り上げられるのは、ディープ・パープルの第3期および第4期のスタジオ・アルバム4作の楽曲15曲


発売予定日は4月29日です。
通常盤に加え、ボーナス・トラックも追加したCD+DVDデラックス・エディション、LP、DL版も発売されるようです。※日本盤限定ボーナストラックとして「幸運の兵士」(オルタネイトミックス)が追加収録される予定。


「Burn」と「Stormbringer」のPVが公開されています。




どっちの曲も、オリジナル音盤の音や雰囲気が好きなので、re-imaginationしたバージョンは耳慣れないけど、
良い楽曲は、やはり良い。料理の仕方に左右されないですね。

↑ ↑【Burnオリジナル音盤 Deep Purple 1974】


↑ ↑【Stormbringerオリジナル音盤 Deep Purple 1974】


「Burn」は、TVCMの・・・タマホォ〜〜ム!ってのがハマってて面白くもあり、ハマってるのがどこか寂しくもありでw。


2曲とも、ヘビメタみたいなサウンドになってるのがイマイチかなー。パープルの演奏は強烈な個性が発揮されているから、楽曲の味わいとしては、オリジナルに圧倒的な魅力を感じる。オリジナルに対する楽曲の味わいは、この曲に限らずどの曲にも当てはまるんでしょうけどね。


でも、re-imaginationしたバージョンの方が好きなトコもあった。

「Stormbringer」、最後のパートはこっちの方が好きですね。
オリジナルはAメロ⇒リフのリフレイン⇒フェードアウト。ですが、re-imaginationしたバージョンはAメロ⇒サビ⇒リフのリフレイン⇒イントロのリフ⇒終了。という流れ。

昔聴いてて、最後のパートから終わりまでがどうにもこうにも物足りなかった。re-imaginationしたバージョンを聴いて「これこれ〜!」って、スッキリいたしました。


re-imaginationしたバージョンとオリジナルバージョン、それぞれ聴き比べてみるのも楽しみの大きな1つになりますね〜。



■The Purple Album■

1:Burn
2:You Fool No One (interpolating Itchy Fingers)
3:Love Child
4:Sail Away
5:The Gypsy
6:Lady Double Dealer
7:Mistreated
8:Holy Man
9:Might Just Take Your Life
10:You Keep On Moving
11:Soldier Of Fortune
12:Lay Down Stay Down
13:Stormbringer

※Deluxe Edition Bonus Tracks
14:Lady Luck
15:Comin’ Home

16:幸運な兵士(オルタネイト・ミックス)[日本盤限定ボーナストラック]

※DVD Content:
⇒『ザ・パープル・アルバム ビハインド・ザ・シーン』制作ドキュメンタリー(日本語字幕付)
⇒『ザ・パープル・アルバム EPK』(日本語字幕付)



ザ・パープル・アルバム【初回生産限定盤CD+DVD(日本語字幕付)/日本盤限定ボーナストラック収録】












posted by ManboGT at 01:48| Comment(0) | 音盤レビュー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

ドラマー/林立夫と沼澤尚の新プロジェクト「AFTER SCHOOL HANGOUT」が、7/12(日)にブルーノート東京で、7/17(金)にBillboard Live OSAKAでライブするぞー!


昨日、突然仲間からlineが来たのです。
「林立夫さんと沼澤尚さんがブルーノートでライブするみたいですよー☆」と。

ナニをぉ〜〜!!

自分の好きなコトは、周囲の人達に言い放っておくべきやねw
発信しておくと…親切な友人知人が教えてくれるかもしれない。むちゃ有難い!!


早速調べてみると・・・

立夫さん、沼澤さんによる新プロジェクト「AFTER SCHOOL HANGOUT」が始動され、7月に東京と大阪でワンマン公演が開催されるようです!
11059405_1590351334510238_9103888869272843842_n.jpg

2人が中心となって結成されたAFTER SCHOOL HANGOUT。プロジェクト名は「放課後に仲間が集まる場所」を意味するもので、メンバーにはドラムの2人に加え鈴木茂さん(G)、森俊之さん(Key)、沖山優司さん(B)が集結。

ナンちゅ〜こっちゃ〜★☆

公演は7/12(日)に東京・ブルーノート東京で、7/17(金)に大阪・Billboard Live OSAKAで開催され、両公演にはfeaturing Voとして、Leyonaさんと高橋幸宏さんが参加すると。
11075127_1590351431176895_3208013770022046258_n.jpg

ナンちゅ〜こっちゃ〜★☆


ライブでは、立夫さんと沼澤さんが学生時代に夢中になっていたという1960〜70年代のポップス、ロックナンバーのカバーを中心としたステージが展開されるらしいです。


あれは〜1999年だったかな。
立夫さんが主宰したイベント「Groove Dynasty」で5人のドラマー(立夫さん、村上'PONTA'秀一さん、村石雅行さん、真矢さん、沼澤さん)の雄姿を見に行きました。圧巻やったし、純粋に楽しく最高にワクワクした。3年連続で開催され、2回目と3回目を見に行ったと記憶してます。

その後、大貫妙子さんのライブで見た、立夫さんと沼澤さんのツインドラムも絶妙でした。

沼澤さんは、blues.the-butcher-590213のライブを数回見に行ってますが、立夫さんのライブは・・・大貫妙子さんのライブ以来ですね。


あ、そう。
7/12(日)、ブルーノート東京でのライブ、チケット取りました!!
※Jam Session会員の方は、4/13(月)11時より予約開始しています。
※一般予約は、4/20(月)11時より予約開始です。


いやぁ〜〜むちゃ楽しみです。

もう1度言いたい。
いやぁ〜〜むちゃ楽しみです。



********************************************
林立夫&沼澤尚プレゼンツ
"AFTER SCHOOL HANGOUT"

林立夫(ドラムス)
沼澤尚(ドラムス)
鈴木茂(ギター)
森俊之(キーボード)
沖山優司(ベース)

[featuring Vocals]
Leyona(ヴォーカル)
高橋幸宏(ヴォーカル)

2015/7/12(日)ブルーノート東京
[第1部]OPEN 16:00 / START 17:00
[第2部]OPEN 19:00 / START 20:00
<出演者>
AFTER SCHOOL HANGOUT
(林立夫/沼澤尚/鈴木茂/森俊之/沖山優司/Leyona/高橋幸宏)

2015/7/17(金)Billboard Live OSAKA
[第1部]OPEN 17:30 / START 18:30
[第2部]OPEN 20:30 / START 21:30
<出演者>
AFTER SCHOOL HANGOUT
(林立夫/沼澤尚/鈴木茂/森俊之/沖山優司/Leyona/高橋幸宏)
********************************************
※立夫さん/沼澤さんのコメント等、掲載されている記事元は下記です。
【林立夫&沼澤尚がツインドラムの新プロジェクト始動、初ライブに高橋幸宏も】












posted by ManboGT at 01:32| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

ドラマー/ジェフ・ポーカロが参加したセッション505枚の音盤が書籍となって発売されていた!「ジェフ・ポーカロの(ほぼ)全仕事」ナンという嬉しい驚き!オーディオ評論家/小原由夫さんが渾身のレポート!


最近、TOTOの新しいアルバムが発売されました。
「TOTO]W〜聖剣の絆〜」です。

マイク・ポーカロが他界したばかりでもあり、「絆」という文字がとてつもなく大きく深い。このアルバム、後日新ためて音盤レビューしたいです。


今回は、タイトルにも書いたようにジェフ・ポーカロです。

「TOTO]W〜聖剣の絆〜」を買った時、一緒に購入した書籍「ジェフ・ポーカロの(ほぼ)全仕事」

KIMG0097.JPG

ジェフ・ポーカロ。
この名前を見たり聞いたり言ったりすると、気持ちがグググッと高まります。(英語的に言うと・・・ジェフ・ポカーロw)

ジェフが参加したセッション505枚の音盤を紹介している本書です。著者はオーディオ評論家/小原由夫さん。

そして、ドラマーでありドラムインストラクターでもある山村牧人さんが、90枚のアルバムについて奏法解説として参加されています。

Amazonから届いた箱を開けた第一印象。
「ワォ!」でした。

表紙の雰囲気と本の厚みから、もう楽しいに決まってる!と、心躍ってしまうのです。
KIMG0099.JPG


ページをめくると、まず冒頭で505枚の音盤を試聴したオーディオルームを一望した写真が読者を迎えます。次ページには各種オーディオ機器の紹介。著者がオーディオ評論家であるという事が確認出来る、ウェルカムページ。

小原さんの序章、本書の見方、そして〜本番へ。という内容。この本には、関係者へのインタビューもされているのですが、それらが非常に興味深い!勿論、全仕事のレポートについては〜その充実した内容に自然と笑みが出てきてしまう。
KIMG0094.JPG

小原さんのポーカロ愛は驚愕モノです。同様に驚愕レベルな方々と、数年前から「ポーカロを聴く会」を運営されていると。年4回、各メンバーが自慢のジェフ音盤を持ち寄り、聴き、その素晴らしさを語り合うと。そういう方が書いた書籍です。もう、そういうトコロからして嬉しくてたまらないw


ジェフが亡くなって、今年の8月で23年経ちます。
新たに、そして再度、ジェフの素晴らしさをこの本から多く知れて嬉しかった。


1996年に、ドラム雑誌「ドラムマガジン」の出版元であるリットーミュージックから「Jeff Porcaro DRUM BROTHER」という本が発売され、当時食い入るように読みました。今でも変わらずに大切な本です。
KIMG0096.JPG

ジェフ・ポーカロはドラマーとして、俺にとってとてつもなく大きな存在の1人。今回買った「ジェフ・ポーカロの(ほぼ)全仕事」。今後暫く(数年間単位でw)、この本も食い入るように読む事になるんでしょう。



本書の発売を記念したイベントがあるようですよ!
porcaro_A4_h1.jpg
●場所:御茶ノ水ディスクユニオンJazz TOKYOにて。
●日時:4/11(土)14:30〜16:30
●入場無料
※先着にて座席のご予約受付中。
●問い合わせ&予約:03-3294-2648(担当:生島様)

これ・・・行きたい!!
行きたいけど・・・
この日、スタジオやわ〜〜〜ww^^;。。
誰か、行ったら〜レポートお願いしまーーす!!



ジェフ・ポーカロの(ほぼ)全仕事 レビュー&奏法解説でグルーヴの秘密を探る


ジェフ・ポーカロ"ドラム・ブラザー" (リットーミュージック・ムック (第50号))

























posted by ManboGT at 02:19| Comment(0) | 音盤レビュー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金