2016年05月27日

フナクボ香織 立会川「音市」に参上! 写真から音が聞こえてくるシンガー、待望のライブ参戦!


フナクボ香織
彼女を知ったのは今年の初め。

FacebookでUPされていたフナクボ香織さんの写真を初めて見た時、"音"が聞こえたんですよね。その音が実際と同じかどうかは関係ないんです。写真を見てそういう感覚になったコトが重要で。

ジミー・ペイジやジェフ・ベックの写真を見た時と似た感覚やったかもしれません。

そんなフナクボ香織さん、やっと生で観ることが叶いました。

立会川、フォーク居酒屋「音市」に参上。
20160526_193251.jpg


場内、満席!
さすがやね!

声色、独自の雰囲気を持ってて、スコーン!と飛んでくる声。

やっぱ、実物はええね。
佇まいが”男前”です。(勿論、賛辞ですっ!)

今回のライブ、フルバンドでの演奏でした。ここ最近はアコーステックセットでのライブが多いらしく、フナクボ香織さん自身も気合い入ってたように感じました。
20160526_193321.jpg


そんな中・・フナクボ香織さんの「キメ」「お家芸」、フナクボジャンプ(勝手に命名)・・ナンと残念な事に、腰の調子がご機嫌ななめだったので、断腸の思いでフナクボジャンプを封印。

でも、うん、ええと思います。
ジャンプ⇒『グキッッ!』⇒そこでライブ中止。
・・・それこそ残念やからね。

今後のライブ予定は、群馬の桐生や横浜の関内でやるそうです。

フナクボ香織さん。更に多くの人達に知ってもらいたいシンガーです。

ライブ終了後、Scramblerのメンバーと音市の板長、Mr.Nと一緒に。↓ ↓
20160526_214321.jpg


また、観れる日を楽しみにしてます!
20160526_190330.jpg



※今回、250記事目となりました。
 読んでくれている皆さん、有難うございます☆


posted by ManboGT at 00:59| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

Scrambler 5/29(日)に大森「風に吹かれて」、野澤享司&寺内仁美のJoint liveで前座やりまっせ!


ダダダァーン!

大森にあるフォーク居酒屋「風に吹かれて」

5月29日(日)Scramblerがライブやりまっせ!!
FB_IMG_1459628077878.jpg


「野澤享司&寺内仁美 Joint live」がこの日にあるんやけど、嬉しいことに前座を任せてもらったっちゅーね。


ええ感じに場を温めた状態で野澤さん&寺内さんを迎えるのか、キンキンに場を冷やした状態で野澤さん&寺内さんを迎えるのか、むちゃスリルあるよね〜。

ナンせ、Scramblerやから!
1457285833596.jpg

ゆったりした気持ちなんかで観れまへんで。もう、前のめりでドキドキの30分になるのは間違いナイね。

渾身の魂を放つ辻本の歌と放送禁止のMC、熱情とグルーヴが溢れまくる貴島の欲情ギター、サウンドを木っ端微塵に爆発させる坂本のカホーン&ボンゴ(アカンやないか!)。

是非観に来て下さい。
***********************************
2016年05月29日(日)
Open 17:00 / Start 18:00
予約 2500円 当日 3000円 (飲食別)

『風に吹かれて』
東京都大田区大森北1丁目34-16
第二みずほビル2F
03-3763-6555
***********************************


※そいや俺、、前日の5/28(土)、、昔お世話になった仕事関係の先輩方と昼間に高尾山に登るんよな。。遭難せんようにしよ。


posted by ManboGT at 12:03| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

ポール・マッカートニー、アルゼンチンでのライブで10才の少女と共演!Cool!イチイチやることがニクいね☆


ポール・マッカートニーの最新ライヴで、10歳の少女が飛び入り参加し、ポールらと「Get Back」を演奏している映像を見つけました。
58381.jpg

名前は、レイラちゃん。

5月17日にアルゼンチンのブエノスアイレスで行われたポールのコンサート中、観客席からポールとの共演を熱望するプラカードを掲げ、それを見つけたポールがステージに招いてたようです。

レイラちゃん、手渡された白いベースギターを弾きながら、マイクスタンドの位置を彼女の高さに変えたマイクでポールとデュエットも披露。

ポールがレイラちゃんに「ベース、弾ける?」と聞いたら、
レイラちゃん「No〜☆」って。たまらんね!ええで!

これに限らず、ポールのライブでは、色んな趣旨・趣向に満ちた観客とのサプライズニュースがあるみたいやね。

とにかく、ひたすらに楽しいコトやる。
これっしょ。






posted by ManboGT at 05:23| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

Los Angeles紀行 2泊4日の急ぎ旅 気付いたら帰国してたという件


仕事でLos Angelesへ行って来ました。
Los Angeles紀行、と書きましたが・・正しい表現ではナイですね。紀行と言うにはあまりに短期間で、そもそも紀行してないしね。

2泊4日。気付いたら羽田空港に着陸してました。


帰国する日、Los Angeles空港へ行くまで少しだけ時間が出来たので、サンタモニカへ行ったのが唯一の観光。しかしサンタモニカに滞在していた時間は1時間弱。ナンじゃそりゃ。
20160515_052418_HDR.jpg

20160515_042415.jpg

20160515_044402.jpg

20160515_044816.jpg

20160515_045048.jpg

20160515_042949.jpg

20160515_051751.jpg




滞在中は、観光の匂い一切ナシながら、NIJIYA MARKETっていう日系のスーパーで、焼酎の「黒若潮」を見つけた時は『おっ!』って、テンション上がりましたね。

よく遊びに行っている「フォーク居酒屋 音市」という店で飲んでいる焼酎なので。ウマいんやわ、この焼酎☆
20160514_035021.jpg

20160514_034855_HDR.jpg

ロス行って、この時が一番テンション上がったな。
・・・ナンじゃそりゃ。



次回ロスへ行く機会があるなら・・・ダウンタウンへ行ってみたいな。
ほんで「THE BAKED POTATO」に行きたい。


ほな、ありがとLos Angeles。またね。
20160515_101944.jpg





タグ:Los Angeles
posted by ManboGT at 07:07| Comment(0) | 脱線日記:紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

雑誌pen 「いとしの歌謡曲」あなたにとっての歌謡曲とは?俺にとっての歌謡曲は…☆


ついこの前、書店で雑誌pen(No.405)を買いました。
普段読んでる雑誌ちゃうけど・・表紙買いやね。
20160509_034832.jpg


ま、ミーハーなんで。
(些細なコトやけど、、表紙に掲載されとる19枚のジャケット、どんな基準で選んだんか・・少し興味ある)


penで書かれているのは、
はっぴいえんど〜歌詞の世界観(松本隆さんのインタビュー)〜松田聖子〜80年代アイドル全盛期〜一世を風靡した歌番組(「ザ・ベストテン」「ザ・トップテン」など)〜歌謡曲のDNAを継ぐアーティスト達〜『あなたにとっての歌謡曲とは?』的なインタビュー などなど。


んーー
雑誌の特集やから、、こんなモンなんかな(笑。
松本隆さんのインタビュー記事は、短かったけど面白かった。
20160508_230259.jpg


「あなたにとっての歌謡曲とは?」って聞かれたら、人それぞれ全くちゃうからねー。

歌謡曲=当時(70年代)の大人達が見聞きしていた曲、当時(70年代〜80年代前半)の音楽番組(テレビ、ラジオ)で見聞きしていた曲。

俺にとっての歌謡曲は、こんな感じになるんかもです。月並みやけど、やっぱ当時の音楽番組(テレビ、ラジオ)の存在は絶大やったからね。


俺にとっての歌謡曲、音楽という以上に、俺の中の記憶を彩ってるものとして大きく残ってます。「そうそう!」って同感頂ける方、結構おるような気もします。

以前の記事で書いたかもしれんけど、歌謡曲を見聞きしていた当時、ほぼほぼそこには家族がいたから『歌謡曲=家族』という側面もある。家族として過ごした時間が短く、繋がりも深くなかったから、余計にそう感じるんかもしれません。


好きな歌謡曲をここに羅列しよう・・いや、キリが無いからやめとこ。
しかしね、演奏してみたい歌謡曲、イッパイあるんよな〜!







posted by ManboGT at 04:40| Comment(0) | 脱線日記:何気ないトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

上野紀行 「フォーク居酒屋 旅のつづき」へ。お客の笑顔が絶えない店は強い!笑客繁盛、ここにあり。


GWの最終日5/5(木)、我がバンドユニットScramblerのメンバー達と、フォーク居酒屋「旅のつづき」へ遊びに行って来ました。
20160505_173537.jpg

20160505_173553.jpg


最寄り駅は、御徒町でも上野広小路でも上野御徒町でも行けます。

俺は、御徒町駅で降りて、徒歩で。5分かからんかったね。

フォーク居酒屋「旅のつづき」、オーナーの国安修二さん(シンガーソングライター、作曲家)と、マスターの国安わたるさん(シンガーソングライター、作曲家)のご兄弟で経営されている店。
20160505_180406_HDR.jpg


店内、フォーク居酒屋というより、小さめのライブハウスみたいでええ感じでした。70年代や80年代のレコードジャケットが飾ってあったり。
20160505_180703.jpg


開店時間の18時に店へ入り、その時は我々だけで、マスターのわたるさん「今日は連休最後なので、そんなにお客様いらっしゃらないと思いますっ!」なーんておっしゃってましたが、ナニをナニを。時間を追うごとにお客さんいらっしゃるいらっしゃる。

上野という立地の良さは確かにあるでしょう。

でも、ズバリ。
むちゃ居心地の良い店でした。お客さんが多くいらっしゃるのは、この居心地の良さでしょう。

とにかく、オーナーの修二さん&マスターのわたるさんはじめ、店のスタッフさん達の対応が素晴らしい。
20160505_180643.jpg


スタッフさん達、いつもホールを何気なく見ているから、こちらが何か頼もうとすると、その気配を感じてくれてすぐそばへ寄って来てくれる。え?そんなん当たり前?そやね、確かに当たり前。その当たり前が出来てる素晴らしさです。


そして!
マスターのわたるさん、素晴らし過ぎます。
軽妙かつユーモアに溢れ、絶妙に笑える揶揄も混ぜつつ、あたたかく的確なトークでお客さんを楽しませ、歌&演奏の順番をスムーズに回されていました。

今いるお客さんとがっつり向き合い、
来店するお客さんを明るく迎え、
帰っていくお客さんを笑顔で見送る。

わたるさん、上手な字を書くことより丁寧な字を書くことを心掛けているように感じました。つか、むちゃ上手で素敵な字を書けているんですけどね。それよりも丁寧さを意識されてるのかなと。

この日は休日でしたが、基本平日は仕事を終えたお客さんが、その日の疲れを癒やしたり気分転換するために、大好きな歌や演奏を楽しみに来るんやと思います。
20160505_180422.jpg

20160505_180452.jpg


お客さんにとって、旅のつづきは遊び場です。
オーナー&マスター&スタッフの方達にとって、旅のつづきは仕事場。

遊び場としてお客さんが存分に楽しめるように、オーナー&マスター&スタッフの方達は最善を尽くしている。とはいえ、俺ら全員人間やから、調子が悪い時があったり、ナンやいつもと勝手が違ったりすることもあるでしょう。

たった1回行っただけで多くを語るのはむちゃ恐縮ですが・・
「どんなお客さんにも楽しんでもらう」
一番大切な土台がしっかり出来ているんやな〜って感じた。


あ、俺らもそうなんですよね。
自分らの仕事、そういう意識を持ってやりたいし、それを心掛けているハズ。

でも・・
時にはヤンチャな取引先の方や理不尽な事を言うたりする方がいて困っちゃったり、同じ社内の者同士で必要な疎通が取れない関係で悩んだりね。

いや、待てよ。
もしかしたら・・・自分自身が取引先や社内の同僚に手を焼かせたり、手間をかけている張本人という可能性だってあるワケやね(笑。。。

だから、甘んじとる場合ではナイ毎日です。因みに俺の周囲はホンマ有能な人達が多いので・・・幸いにして、甘んじたり出来ません。。時々甘んじたくなるけどね。。

若い頃から、周囲の方達に迷惑しか掛けて来なかった俺、こういう気持ちで努めようってなったここ数年。全く遅いね。。今までお世話になった皆さん、ホンマすみません&有難うございます^^;。。


そう。
上記のように、それらしい事を言うたり書いたりするって出来るんです。肝心なんは、それを実行する事。この為の言うであり書くであり。

旅のつづき、これらを日々されるために格闘し向き合ってるんやろなーと。

ま、それよりナニより、「せっかく遊び行っとんのに、お前そんなコトにイチイチ変換すんなや!」ってツッコミどころ満載やけどね。


俺が去年の11月から遊びに行っている店「フォーク居酒屋 音市」、音市のオーナーさんや店長さんが旅のつづきに行ったのをきっかけに音市を作られたと、店長のKさんから教えてもらいました。こんなええ店がお手本としてあるって、むちゃ素晴らしいと思います。

音市の旅が始まって1年半くらい?
それこそ、これからも長い旅がつづくんやろけど、ずっと俺らの「最高の遊び場」であって下さいね。


今回、音市を愛する多くのお客さんの末席にいる一人として、旅のつづきへ遊びに行けたのは、素敵な時間となりました。誘ってくれたKさん、有難うございました。

オーナーの修二さんとも1曲ご一緒に演奏することが出来ました。演奏が終わって笑顔で「Good!」のサインを頂き、むちゃ嬉しかったです。

フォーク居酒屋「旅のつづき」、オーナー&マスター&スタッフの方達、楽しい時間を有難うございました。また遊びに行くので、その時はどうぞ宜しくです。


【フォーク居酒屋 旅のつづき HPは、こちら】


posted by ManboGT at 05:58| Comment(0) | 脱線日記:紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山銘菓 リブランの「甘金丹(かんこんたん)」が美味!お土産、ご馳走様でした!


富山銘菓として、洋菓子・和菓子・バースディケーキ・富山のスイーツ専門店「リブラン」が発売しているスチームケーキ「甘金丹(かんこんたん)」を戴きました。
20160508_005915.jpg

20160508_010000.jpg

20160508_010220.jpg


初めて聞いた名前の菓子でしたね。

ふわふわに蒸し上げたスポンジの中に、口当たりがまろやかなカスタードクリームを包んでいます。このカスタードクリームの甘さ加減がええ。

ナンちゅうか、味のバランスって上手く図ってるよね。甘すぎると飽きるし、逆やと物足りない。食うた人の味覚の好みがそれぞれあるから、このバランスが正解!と断言はせんけど、俺はこの味むちゃ好きやねー。


この姿形を見て、「あ、◯の◯に似てる?!」って、思われた方。
俺も同感です。品物として姉妹品という関係ではナイけど、同じフィールドに共存するお菓子やと思います。

どちらも美味い。それでOK!

姫、ご馳走様でした!



posted by ManboGT at 03:42| Comment(0) | 脱線日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン) Tea For One このスローブルースに身体?脳?がザワつく、快感の曲。


LED ZEPPELIN 
って書くだけで、ジュワァ〜っと体温上がるね。


「Presence(プレゼンス)」っていうアルバム(1976年作品)があるんですが、最後の曲として収録されている『Tea For One』、これを聴いちゃうと・・・暫くパワープレイ状態になってしまいます。
R-2124061-1265322744_jpeg.jpg


9分半弱のスローブルース。
この9分半弱、身体っちゅうか脳っちゅうか、ザワつくんですよね〜。ジワジワと底の方から快感が湧き出してくるというか。ナンや、気持ちが勃つっちゅうか。

特に大きな起伏はナイ曲やけど、サウンド全体の鳴りとジミー・ペイジが弾くギター。これがもう〜たまらんす。

個人的に感極まるトコは、5:37〜5:45の約8秒間。

つっても、いきなり5:37へスキップしないで下さいね!最初から聴いているからこそ感極まる8秒間なんで。いきなりそこを聴いても・・別に感は極まらんです。


基本いつも同じ事書いてますが、スピーカーでもヘッドホンでもええので、出来るだけ大音量で聴いてみて下さい。俺にとって、快感の曲です。






posted by ManboGT at 05:08| Comment(0) | 音盤レビュー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

ビンビンきてしまう曲で躍動が止まらない件!「Van Halen」「Larry Lee」「Marty Balin」「Paul McCartney & Wings」


躍動が止まらない2016年のGWです。
Back%20To%20The%20Egg_zpsiznwlo2i.jpg


全く意味不明ですが・・・
ある4曲が頭の中で鳴り始めちゃってます。

Van Halen
Me Wise Magic



Larry Lee
Don't Talk



Marty Balin
Hearts



Paul McCartney & Wings
Reception / Getting Closer



Larry Lee、Marty Balinの曲、「躍動」って感じちゃうかもしれんけど、どうにも鳴っちゃうんですよね。

Marty Balinの「Hearts」、1981年の曲。
当時新曲として聴いて以来、ふとした瞬間猛烈に聴きたくなる曲。特に劇的な展開もナイんやけど、彼の声とシンプルなサウンドにシビれとるんやろうね〜。

Paul McCartney & Wingsの「Reception / Getting Closer」、1979年の曲。
初めて聴いた時「バンドで演ってみたい!」って思って、今もそれが色褪せない。そして、今だに演ったことは・・ナイ。

Van Halenの「Me Wise Magic」、1996年の曲。
デイブが一時的にバンドに復活参加して、ベスト盤に収録された曲やったような。これは、理屈抜きにかっこええって。もう、そんだけ。


この4曲がグワングワンと鳴ってます。

え?
そらぁ〜気合い入るがな!


posted by ManboGT at 03:24| Comment(0) | 音盤レビュー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒沢の美味い店 煮込み専門店「かっぱ」 メニューに迷いナシ!煮込みと漬物のみ!


初めて「かっぱ」に来たのは去年という新参者です。

今回二度目の「かっぱ」。

田園都市線駒沢大学駅から徒歩10分くらいでしょーか。駒沢公園の裏にあたる静かな住宅街に「かっぱ」はありますー。
かっぱ1.jpg


そう。
ナンの店なのか、、一見では分からんのです。

牛煮込み専門の店。モツ煮込みではナイです。赤身の肉。

カウンターのみ。
メニューは、煮込み漬物のみ。
煮込みのサイズ、「並」「小」があり、ナニも言わんと「並」が出てきます。
飯はサイズを聞かれます。「大」「並」「小」があります。
漬物は、食いたいなら「漬物ください」と頼んで。

俺が食うたのは、
並の煮込みと並の飯と漬物。

これっ!!
かっぱ2.jpg


飯と煮込みを拡大しましょ。
かっぱ3.jpg

かっぱ4.jpg


飯の量、これで並。
これ、茶碗ちゃいますよ。丼ですからね。。
・・・思春期かっ!

煮込み、こぼれてるように見えますか?
はい、こぼれてます。
俺がこぼしたんちゃいます。
これが完成形です。


怒涛の量、食えてまうんですわー。
煮込みと漬物がむちゃくちゃ美味いのやわー。
しっかり味付けやけど、腹にもたれない不思議。


営業時間は・・・
かっぱ5.jpg

です。


以上、駒沢からお伝えしました。




posted by ManboGT at 02:13| Comment(0) | 脱線日記:イベント関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

自由が丘の美味い焼肉屋 「自由が丘 まんぷく」で満腹になります。


2016年のGW真っ只中。

自由が丘は「スイーツフェスタ」が4/29(金)〜5/5(木)まで開催されています。
また自由が丘か?
はい、また自由が丘です。

昼間、ブラブラ散歩して、晩飯は焼き肉を食おう!という事になり「まんぷく」という焼肉屋へ。
まんぷく1.jpg

ここも自由が丘に住んでた時から行ってた店なので、かれこれ10年くらいになるんでしょうか。

姉妹店で、すぐ近くに「漢江」という焼肉屋があります。自由が丘のグルメランキングとかでは漢江の方が人気があるようです。漢江もええ店ですが、俺はまんぷくの方が好きかな。

まんぷく、自由が丘の他に代々木上原・青山・大井町にもあります。


まんぷく3.jpg
【ナムル盛り合わせ】

まんぷく4.jpg
【新鮮なユッケ肉を提供してくれます】

まんぷく5.jpg
【まんぷくサラダ。胡麻油の味付けが美味で一気に無くなります】

まんぷく6.jpg
【センマイ刺。酢味噌の味とせんまいの食感がガキん時から好きです】

まんぷく7.jpg
【タン塩】

まんぷく8.jpg
【ネギめし。超シンプルですが超美味い】

まんぷく9.jpg
【ここのチジミ、むちゃ美味い】

まんぷく10.jpg
【和牛の四種盛り。その種類は…下に】

まんぷく11.jpg
【この四種です】

まんぷく12.jpg
【ユッケジャンスープ。ここ、小サイズがあって嬉しい】

まんぷく13.jpg
【スンドゥブチゲ。いつもより若干豆腐の味が強めやったかも。。】


ま、コメントは・・・「美味い」しか書かんから、全く食レポになってないけどね。

自由が丘で焼き肉を食おう!と思われたら、是非行ってみて下さい。
その際は、予約された方が確実です。
■営業時間■
月〜金:11:30〜15:00(L.O14:30)
    17:00〜翌0:00(L.O.23:00)
土/日/祝:12:00〜翌0:00(L.O.23:00)
※ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
※自由が丘まんぷく:03-3718-6643



posted by ManboGT at 04:49| Comment(0) | 自由が丘レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

TOTO 超絶と圧巻のライブ映像にやっぱシビれてしまった!2013年の35周年アニヴァーサリー・ツアーより。


一昨年発売されたTOTOの「35周年アニヴァーサリー・ツアー〜ライブ・イン・ポーランド2013」Blu-ray&DVD。
51Rw0JPNtoL__SL500_AA300_.jpg


これ、久し振りに見てみたんですが。

やっぱええね〜!むちゃ躍動してる!

最近の俺は「躍動」がテーマです。
上手い下手よりも躍動。そら上手い方がええんやけど、躍動してないと、どんだけテクニック的に上手くても・・最後まで観てられへん。ナンか飽きちゃう。

上手くなくても躍動してる人は、その動きに、その動きに乗って放出される音に、シビれてしまう。

もう、躍動が全て。


「35周年アニヴァーサリー・ツアー〜ライブ・イン・ポーランド2013」の動画がYouTubeにUPされてたので、数曲貼っちゃいますね!

超一流のテクを持つ彼らが、こんだけ躍動しとるんやから。どんだけ躍動しても躍動し過ぎるコトはない。

スピーカーでもヘッドホンでもいいから、大音量で聴いてみて下さい。





















【祝・来日!TOTOというバンド。DVDで35周年アニヴァーサリー・ツアー〜ライブ・イン・ポーランド2013 を見て。】





posted by ManboGT at 04:47| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金