2016年06月28日

音楽備忘録。この半年で得たモノはとてつもなく大きい、・・・気がする。


今の自身が考えてる事、感じてる事を記しておいて、近未来の俺が読み返すための備忘録として。

それまでに無かった経験というか、新しい感覚・技術(と言うてええのか..)を得ようとしてる。

俺にとって、この半年ほどミニマムの音量・音圧で演奏する環境に身を置いた事はナイ。これは、とてつもなく大きな経験。

場所柄、それが求められているというのと、演奏する音楽がそれを必要としていること。これが大きな2つの理由かな。

ミニマムの音量・音圧で演奏するのは、今も苦戦中。ホンマに難しい。音量が小さくても芯は欲しいし、音圧が薄くてもペラペラにはなりたくない。・・難しい。

そもそも下手やから、それらに翻弄されて肝心のテンポや演奏の抑揚に乱れが出たりする。アカン時は・・・ナンでドラム叩いとるんや・・・。。ってくらいにお粗末な状態になったりもする。

ビギナーズラックっちゅー事でもないんやろけど、最初の頃は深く考えず、新しい人や環境をただただ楽しんでる自分やった。それも時期・時間が経ってくると、考えるようになる。良くも悪くも。悪い方は排除したいが、これがなかなかうまくいかんね。「良くも悪くも」なんです。

やから、そこはしゃーない。
どっちも飲み込んで突き進む。

今はそれを楽しんでる俺がいる。苦戦中ではあるけど、同時におもろい。うん、素晴らしいw


さて。
今までに無いミニマムの音量・音圧で演奏する感覚・意識・行為、これを得ようとしている今。これから先がむちゃくちゃ楽しみなワケやね。

それまでのマックス〜ミニマム幅を広げたっちゅーことになる。

これを活かさないワケにはいかない。
言い方を変えれば、マックス〜ミニマム幅を活かせる環境で演奏するのを欲する俺が登場してくる。

今までより更にレンジを広げた演奏をしたくなるわな。

これからの俺は、どう動いていくんやろか〜。

自分と相談しましょ、そーしましょ。




posted by ManboGT at 06:09| Comment(0) | ドラム・スタジオ関連レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

三軒茶屋の美味い店・演れる店!「ラムジンギスカン羊々」「フォーク酒場 ラヂヲデイズ」


日付変わって、昨日。

殿&姫と、三軒茶屋で会うた。一緒に晩飯を食いにね。
俺ら「くいだおれ珍道中!」っていうサークル作ってるからね。ある種、「食う=サークル活動」でもあるワケやんね。

今回の飯・・サークル活動、美味いジンギスカンの店がある!と、殿に教えてもろた。

場所は、三軒茶屋のゆうらく通りの中にある店。そう、小さな店が軒を並べているご機嫌な小路ですわ。

その名もラムジンギスカン羊々

カウンターのみ10名で満席になる小さな店です。(その他、詳しい情報が食べログとかでどうぞ!)

いや〜美味い!
美味かったわ〜!
ラムジンギスカンを食うたの・・・多分、27年前に北海道で食うた以来かな??そんくらいのお久し振り。

この美味さを形容する言葉、よう分からんです。
とにかく美味い!それのみ。
20160625_180518.jpg

20160625_181556.jpg

20160625_182303.jpg

20160625_183756.jpg

ラム、マトン、ロール、ラムチョップ、野菜。あ、勿論、ビール。

そして、シメの焼きうどん。
この焼きうどんが、ごっつ美味いw!
20160625_185019.jpg

肉を食うのに使うたタレ(醤油/味噌)を味付けに使うんですわ〜。

この味がたまらんかった!!
正直・・・もっと食えるんちゃうかぁ?!って錯覚するくらい。

この錯覚に乗せられたらアカン。食い終わったら、満腹になってるからね。殿の判断(2玉)、正解。


満腹になった3人、羊々を出て〜三軒茶屋駅の喫煙所で一服後、歩いて次の目的地へ。

向うたんは、フォーク酒場 ラヂヲデイズ
20160625_191546.jpg

殿が何度か遊びに来ている店で、以前から来たかった店でした。

正方形の店で、ええ雰囲気です。
20160625_192025.jpg

印象的やったのが、NSPのジャケットが多く飾られていたんですわ。
20160625_192043.jpg


カギん時に、当時高校生やった従兄がNSPのレコードを持ってて、その時見たジャケットもありました。懐かしかったですね。店長のナカノさんがお好きだそうです。

客は、俺達3人だけで、事実上の貸切状態w

なのでね、思う存分歌い&演奏させて頂きました。

姫がVo、殿がGt、俺がDr、で、歌本をめくりながら次々と歌っている中で、姫の歌が「おっ!!」と際立つ曲に出会ったりして。おもろかったな〜。

ラヂヲデイズ、オープンマイクの日とイベントの日があり、イベントが結構入っている店みたいですね。イベントは毎回盛況との事☆

オープンマイクの日も沢山の人達が来て、色んなセッションとか出来ると楽しいと思うから、三茶周辺にお住まいの方々は是非ラヂヲデイズへ遊びに行ってみて下さい。

店長のナカノさん、初対面でしたが穏やかなお人柄が溢れてました。ま、実はむちゃ変態!とかなら、それはそれで魅力的やけどね。羊の鳴きマネがむちゃくちゃ得意とかね。


三軒茶屋の夕べ。
むちゃ楽しい時間やったな〜。

殿&姫、連れて行ってくれて有難う〜!



posted by ManboGT at 04:16| Comment(0) | 脱線日記:紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

リッチー・ブラックモアズ・レインボー、2016年6月17日「Monsters Of Rock Festival」ついにライブ参上!


ギタリスト/リッチー・ブラックモア率いるリッチー・ブラックモアズ・レインボー(Ritchie Blackmore's Rainbow)が6月17日にドイツで開催された「Monsters Of Rock Festival」でライヴしました〜!
59379.jpg

■Monsters Of Rock Festival■
6月17日:ドイツ ローレライ

[セットリスト]
01. Highway Star (DEEP PURPLE cover)
02. Spotlight Kid
03. Mistreated (DEEP PURPLE cover)
04. Since You Been Gone (Russ Ballard cover)
05. Man On The Silver Mountain
06. Catch The Rainbow
07. Difficult To Cure
08. Perfect Strangers (DEEP PURPLE cover)
09. Child In Time (DEEP PURPLE cover)
10. Long Live Rock 'N' Roll
11. Stargazer
12. Black Night (DEEP PURPLE cover)
13. Smoke On The Water (DEEP PURPLE cover)

無事に復活ライブ出来たんやね〜。
しかし・・・
な、懐かしいww

一番最近の曲が、8曲目の「Perfect Strangers」で1985年の曲っちゅーね。

ほんで、約半分がパープルの曲っちゅーね。

ほんで、今回のラインナップ。
レインボーとして、13期になるっちゅーね。

あと2回チェンジしたら15期。足利幕府&徳川幕府と同じっちゅーね。
・・・
それ、数字だけで意味ちゃうやろ!ちゅーね。。


ファン撮影の動画を見たけど、全く変わらずリッチーでした。
ホンマに個性的。
59407.jpg

リッチーに限らず、あの時代のギタリストはそうね。

ま、期間限定みたいやけど、一先ず、おかえりやす〜!





posted by ManboGT at 04:45| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

ABBAが4人揃って〜30年ぶりに「Me and I」を自国スウェーデンで演ったらしい!


音楽サイトを見てたら、そ〜んなニュースを目にして驚き!

俺、ABBA(アンニ=フリッド・リングスタッド、アグネッタ・フォルツコグ、ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース)は4人揃って公の前には出てこんと勝手に思うてたからね〜。
58976.jpg

スウェーデンのストックホルムで開催されたプライベート・パーティーに参加、一緒にステージに立って「Me and I」を披露したらしいです。

4人が集結したのは、今年2回目みたいですが、4人が揃って公の場でパフォーマンスをするのは1986年以来、30年ぶりとの事。

1986年って・・30年前か(笑。

posted by ManboGT at 02:12| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

Scramblerの多彩な演奏活動、絶賛展開中!バックバンドの愛しさと楽しさと心強さと。


我がバンド、Scramblerが誕生して早数ヶ月。

以来、4回?5回?6回?7回?くらい(何回やねん)、色んな企画ライブ含めるとやっとるんかな。

つい先週も大森「風に吹かれて」でライブやったばかり。ナンとこの時はプロの前座!(遅くなりましたが、当日観に来て頂いた皆様、「風に吹かれて」のスタッフの皆様、野澤享司さん、寺内仁美さん、ホンマ有難うございました)


そして、今。
Scramblerは、とある方々が"ノリノリ"で企画されとるライブ(開催予定:7/15(金) at音市)を実現&サポートすべく、バックバンドとして初全体練習に参加しました。


自身の活動もバックバンドも、ええ音楽を目指して演奏するのは全く同じながら、バンド自身の活動と比べ、バックバンドの場合はちと違う佇まいがある。それは「貢献・調和」を大きく意識&発揮する。ちゅーね。

もう一つ大きなコトは、バンド自身の活動では絶対に演奏せんやろな、って曲に出会えるっ。と、いう楽しみと怖さ(笑。

当然ながら、その人が演りたい曲を俺らがサポートするんやからね。色んな意味で「おっ!?」というような未知の曲とガチンコしたりもするんですわ。

曲によっては、出会った時に戸惑いや驚きもあるけど、バックバンドならではの醍醐味でもあると思う。


さて今回、そういう曲に出会えたんか?
出会ったで〜〜!

ナンとぉ!
ミュージカルの曲ですよ(笑!
もぉ〜ビックリしすぎて笑ろた笑ろた。心の中でドッカンドッカン花火上がったね。

Scramblerでは100%、、500%出会わんよ。ミュージカルの曲に出会う確立って・・かなり希少やんな。

こういうのが、まさにバックバンド。俺自身のちっぽけな予想の範疇なんて軽く超えてきます。

昔、何度かバックバンドをやった事があって。そん時もおもろかったんですよ。そら、色々と大変なコトもあったけどね。

やから今回も得体の知れない楽しみがあった。(それらに応えられるか?という・・不安も・・ね)


サポートを求めてとる人・探してとる人って、その人自身の周囲に演りたい事を具現化出来る状況がナイor揃ってないんですよね。やから、サポートを求めてとる&探しとる。

そこで、演りたい事を具現化出来る状況が得られたとしたら?そらぁ〜ね、溜め込んでた「これ演りたい!あれ演りたい!」が爆発するんですよ。

爆発を全身に浴びる我々Scramblerは、その炸裂ぶりにビックリしたりもするんやけど、爆発するその気持ち・・むちゃ分かるんよね。

勿論!今回もご多分に漏れず、最初の練習にして早くも主人公さんの「これ演りたい!あれ演りたい!」が、ミュージカルの曲を筆頭に爆発&炸裂(笑。

クゥゥゥゥーーー(爽快&悶絶)!!
もう"ノリノリ"でイッたれイッたれ〜☆

て、お気楽に書いとるけど・・・ミュージカルの曲、、むちゃ難題!こらぁ〜気合入れて臨まんとやで。


バックバンドって、主人公が放つ爆発をどんだけ気持よく炸裂させてあげられるか?!そこが真骨頂やと思う。

なーんて、俺の演奏力と貧相な持ちネタで「どんだけ炸裂させてあげられるか?!」とか、よう言うわ!やけど。んな、分かっとんねん。ほんでも引き受けた以上はね。

もう〜悶絶しながら貧相な顔してどっかの果てまでイッたりますよ。
躍動しまくりますよ。
カ・イ・カ・ンですよ。
意味不明か?不明なんか?
・・・俺もやわ!ゴメンな!


こういう経験は、Scramblerにとって自身の活動へプラスにキックバックしてくるやろし、それぞれの新たな血肉にもなるやろしね。

ん?ナンの血肉にもならんかったらって?
んなぁ!欲しがりさんやなぁ〜!
楽しいだけで十分やっちゅー話や!
ナンでも欲しがるな!必要以上に有難がるな!

所詮、SEX&ドラッグ&ロックンロールや!!
・・・SEX、勃つんかって?
・・・ドラッグ、栄養サプリと精力剤やろって?
・・・ほ、ほ、ほっといてくれるかぁー!


ところでScrambler、今回バックバンドを引き受けたものの、、Scramblerには本職ベーシストがいてないんですよ。

でも大丈夫、仲間のベーシスト"idッチ"に参加してもろてます。
今回ライブをやる主人公の人達をサポートするバックバンド(Scrambler)をサポートしてくれてるっちゅーね。

安心Wサポートみたいな。
高保障&高特約が付いた生命保険みたいな。
また意味不明か?不明なんか?
いやいや、これはナンとなし分かるやろ!


ちと話飛ぶけど。
バンド自身の活動も「貢献・調和」を意識はしとるんですよ、一応は。でもね、バンドやと結構「我」が多く混じるね、俺の場合。

せっかくのバンドやん?演奏で溶け合いたいと思いつつも、どっかでメンバー達(俺以外の2人)に戦いを挑みたいワケ。勿論、ええ演奏を目指してっちゅー意味の。

そう。
Scramblerのメンバー、戦いを挑める人達であり、戦いを挑みたいと思う人達なワケ。

んでもって・・・まだ勝てんワケ。
多分・・・当分勝てんワケ。
やから・・・燃えるワケ。

俺にとってそういう2人やから、10年以上ぶりにバンドのメンバーとしてやる気になったんやろね。


Scramblerは、単に3人のバンドっていう枠ではなく、今回"Wサポート"参加してくれてるidッチ、姫、Mr.Honky Tonk Women、音市のオーナー、板長Nさん、and more more!な、沢山の人達との関わりと支えの中で存在しとるからね。

喜びも悲しみも幾歳月やで。
誰が鳳啓助やねん!
木下恵介じゃ!


ちゅー感じで、超濃厚&充実の練習後、殿が案内してくれた大井町の居酒屋「たくみ」にidッチ&俺(途中から姫も合流してくれたな☆)で行ったんやけど、むちゃ美味かったです。
20160605_220549_HDR.jpg

キー坊は仕事の整理と体調の整理(生理ちゃうで)にて多忙につき、練習場所としてお借りした音市にて解散。また行こね☆
1465189089053.jpg

1465135853855.jpg
↑ ↑
【3人とも目がエレクトしとるから伏せたんやけど、、余計怪しなっとる】

「たくみ」で食うたラーメンが美味い美味い!(・・ラーメンの写メ撮るの忘れたわぁ〜)


さてさて、
これからまだまだおもろいコトある予感満載なScrambler。

Let's beginや。



posted by ManboGT at 17:56| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金