2012年07月23日

ジャンクフジヤマ feat.天野清継 ライブ☆ 2012.7.21 南青山マンダラ

+++++++++++++
久し振りの南青山へ。
あいにくの雨。
しかし・・雨は止んだ☆
+++++++++++++


ここんトコ、朝早く起きて〜1日中動いたのって・・・めっちゃ久し振りw☆・・・朝早く起きてっていうても、9時半やけどね^^;。。


行って来ました☆
ジャンクフジヤマ feat.天野清継の「スペシャル・アコースティック・ライブ 2012 SUMMER」に。場所は、南青山マンダラ。日時は7月21日(土) 13時〜。


DSC_0106.jpg


tikextuto.jpg


南青山マンダラは、久し振りやったなぁ〜!いつ以来でしょうか??・・・ナッシング・バット・ザ・ファンクっていうバンドのライブやったと思うんやけど、、それ以来やと思います。


そして、昼間のライブっていうのが珍しいよね?!
これは、ジャンク曰く「僕と同世代の方々に見て頂きたいが、ご家庭をお持ちで、子供さんも小さいと思うので〜夜ではなく、昼間に企画して夜のライブを見れない方々にも沢山見て欲しい!」という事でした。小さな子供がいる方々は、保育園や託児所とかにその時間預けて来るって感じになるんやろうね。こういう企画、エェと思いますよ☆


そして〜ジャンクと天野さんが登場☆
「モーニングキス」でライブがスタート。「束縛」「この街」「曖昧な二人」「僕の女神」「EGAO」「あの空の向こうがわへ」「秘密」などを演奏しました。他にもナニか歌ったような気がしたりしなかったり・・・。。。。


俺は、今回ジャンクのアコースティック・ライブに初めて行ったんですが〜演奏楽器が最大でギター2本なので、彼の歌が丸裸で聞こえてくるワケです。バンドでのライブで慣れていたので〜若干違和感ありましたが、あれはまた別モノですね☆お馴染みの曲も、違う景色が見えてくる。俺も、元々はアコギ(当時はフォークギター)で音楽を始めたので、あぁいうの好きですよ。


でもね・・・好きなだけに、、音が心地良くなってくるんですよね・・。。そうなると・・ね? やっぱ・・リラックスしてくるから、、眠りますよねw? 数曲は・・気持ち良く聞かせて頂きましたw。


いやぁ〜正確な演奏順と曲名をメモっとけば良かったなぁ〜^^;。。失敗したぁ〜。。今後は、メモろっと!。。


そして〜このライブでは、ナンと!!!!天野さんが歌ったんですよぉ〜ww☆ これは貴重でしたね。「Just the Two of Us」(※1)でした。まぁ〜途中からジャンクがカットインしてきて〜天野さんはコーラスに回ったんですけどw。エェ声&雰囲気出してましたよ、ホンマに☆ これからもたまには歌って欲しいなぁ〜☆

そう!アズールを少しだけ弾いたね〜☆ アズールは、ピアノで作った曲やから、全部をギターでは弾けないって天野さん、言うてたねw。

そして!!
「あの空の向こうがわへ」は、本編とアンコールの2回歌いました☆記念すべきメジャーデビューシングルですから、まぁ〜推すよねw


あ、MCでの天野さんとのやり取り、何気に良かったなぁ〜。ジャンクが天野さんに結構速いツッコミしたりして。あの2人話すペースが対照的やから、見てて面白いね。今回やったデュオでのライブ、かなりの集客やったようですね。ってか、俺もあん中にいたから「ようですね」って言い方はおかしいな・・。多かったですw!


ライブMCでもジャンクが、「普段8〜9人のバンド編成でライブをしてますが、2人でもこんなに集まってくれるんなら・・・2人で回っちゃおっか?!って、楽屋で話してたんですよ☆」なんて言うてたしね。


ほんでもって〜そんなコトになっちゃったもんやから〜!!か・・どうかは知らんけど、10月13日(土)にもライブが決定したようです☆場所は同じく南青山マンダラです。

mail5.jpg

俺自身としても、またマンダラ行こっと!


あ!そういえば〜マンダラで食べた「ヒレカツサンド」美味かったですわ☆☆

あ!ライブの終わりにジャンクの投げたピックが座っていた俺の足にピタっと落ちてきました。ファンの方がプレゼントしてくれたピックとの事。記念に有難く頂きましたw
pick.jpg


ほな、今回のライブレビューはここらでお開きですぅ〜^^/

(※1)
サックスプレイヤーのグローヴァー・ワシントン・ジュニア(Grover Washington, Jr)が、1982年に発表した曲。この年のグラミー賞R&Bソング賞を受賞している。尚、Voはビル・ウィザース。












posted by ManboGT at 01:06| Comment(0) | ジャンクフジヤマのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金