2015年04月20日

ホワイトスネイクが、デイヴィッド・カヴァデール在籍時のディープ・パープルの曲をre-imaginationしたアルバム『The Purple Album』を4/29にリリース!※「Burn」と「Stormbringer」のPVあり。


↑ ↑という事を、最近知りました。
タイトルに全部伝えたい事を入れてしまいましたw


『The Purple Album』で取り上げられるのは、ディープ・パープルの第3期および第4期のスタジオ・アルバム4作の楽曲15曲


発売予定日は4月29日です。
通常盤に加え、ボーナス・トラックも追加したCD+DVDデラックス・エディション、LP、DL版も発売されるようです。※日本盤限定ボーナストラックとして「幸運の兵士」(オルタネイトミックス)が追加収録される予定。


「Burn」と「Stormbringer」のPVが公開されています。




どっちの曲も、オリジナル音盤の音や雰囲気が好きなので、re-imaginationしたバージョンは耳慣れないけど、
良い楽曲は、やはり良い。料理の仕方に左右されないですね。

↑ ↑【Burnオリジナル音盤 Deep Purple 1974】


↑ ↑【Stormbringerオリジナル音盤 Deep Purple 1974】


「Burn」は、TVCMの・・・タマホォ〜〜ム!ってのがハマってて面白くもあり、ハマってるのがどこか寂しくもありでw。


2曲とも、ヘビメタみたいなサウンドになってるのがイマイチかなー。パープルの演奏は強烈な個性が発揮されているから、楽曲の味わいとしては、オリジナルに圧倒的な魅力を感じる。オリジナルに対する楽曲の味わいは、この曲に限らずどの曲にも当てはまるんでしょうけどね。


でも、re-imaginationしたバージョンの方が好きなトコもあった。

「Stormbringer」、最後のパートはこっちの方が好きですね。
オリジナルはAメロ⇒リフのリフレイン⇒フェードアウト。ですが、re-imaginationしたバージョンはAメロ⇒サビ⇒リフのリフレイン⇒イントロのリフ⇒終了。という流れ。

昔聴いてて、最後のパートから終わりまでがどうにもこうにも物足りなかった。re-imaginationしたバージョンを聴いて「これこれ〜!」って、スッキリいたしました。


re-imaginationしたバージョンとオリジナルバージョン、それぞれ聴き比べてみるのも楽しみの大きな1つになりますね〜。



■The Purple Album■

1:Burn
2:You Fool No One (interpolating Itchy Fingers)
3:Love Child
4:Sail Away
5:The Gypsy
6:Lady Double Dealer
7:Mistreated
8:Holy Man
9:Might Just Take Your Life
10:You Keep On Moving
11:Soldier Of Fortune
12:Lay Down Stay Down
13:Stormbringer

※Deluxe Edition Bonus Tracks
14:Lady Luck
15:Comin’ Home

16:幸運な兵士(オルタネイト・ミックス)[日本盤限定ボーナストラック]

※DVD Content:
⇒『ザ・パープル・アルバム ビハインド・ザ・シーン』制作ドキュメンタリー(日本語字幕付)
⇒『ザ・パープル・アルバム EPK』(日本語字幕付)



ザ・パープル・アルバム【初回生産限定盤CD+DVD(日本語字幕付)/日本盤限定ボーナストラック収録】












posted by ManboGT at 01:48| Comment(0) | 音盤レビュー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金