2017年04月19日

俺は周囲の人達からシゲキを受け、ヒデキは誕生日を迎えた4月の良き日!


「神様、愛よりも〜お金が〜必要で〜」と、愛を込めて歌うシンガーがいる。

「赤く咲くのは けしの花〜白く咲くのは〜百合の花〜」と、ギター一本で歌う平成のおんな流しがいる。

DSC01048 (2).jpg


圧巻のドラミングで、見る度に心を"ヨネ"っと鷲掴みにされるドラマーがいる。

変幻自在のベースで、見る度に心を"サマ"っと鷲掴みにされるベーシストがいる。

希望と激唱で包み込む、進化が止まらんモンチッチなシンガーがいる。

「Come Together」を、アコギでヘヴィにグルーヴィに弾く"スティーブ・ガッド"なギタリストがいる。

彼女が歌う曲を聴くと、その歌のメロディと歌詞に加え"情景"が見える。そんなシンガーがいる。

"こんな場末の店にようこそ!"と、愛情一杯で空席以外は満席にする浪速のシンガーがいる。

そのギターを聴いた時、あまりのグルーヴに"現人神なんか?!"と、畏敬の念すら抱いたシンガーがいる。

その声に撃ち抜かれた。あの青春学園ドラマの主題歌を歌うシンガーがいる。

たった二人でアイドル歌謡をあれだけ昇華させて魅せるデュオがいる。

そのご夫婦が演奏する曲は名曲揃いであり、演奏した後ご主人は瞑想する。そんな素敵なデュオがいる。

「ローリング30」というアルバムについて教えて頂きたい、ローリング60のシンガーがいる。

会う度に「初めまして!」と言葉を交わし、エロいチョーキングでドライブさせるギタリストがいる。

遅咲きのアレサは、今や「それ誰さ?」と言わんばかりのソウルフルな存在感を放つ、姉なシンガーがいる。

この子の背中を見て叩いている時、いつも「もっと翔んでいけ!」と、願うシンガーがいる。

始めて間もないカホーンで「TOP OF THE WORLD」を見事に演った愛しい弟子がいる。

彼とセッションする時、何よりも彼とのコンタクトが魅力。そんな"a day"なシンガーがいる。

近く迫るイベントに備え、仕事帰りにスタジオへ入りドラムの練習に励む愛しい弟子がいる。

「アビイ・ロード」の再現ライブをしようと固い約束を胸に、今日も千歳空港のロビーで来るばずの無い恋人を待つシンガー、いや、アーティストがいる。

Scramblerがいる。


ここには書ききれないくらいに、多くの人達にシゲキを受けている。
むっちゃ幸せやで、これは。

俺も、そろそろまたヘヴィなヤツをやろっかな。

そして、ヒデキさん。誕生日おめでとうございます!


posted by ManboGT at 03:18| Comment(0) | 脱線日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金