2017年02月22日

八神純子LIVE(4/23)、甲斐よしひろLIVE(5/14)、ビルボードライブ東京にて!

ワォ!見つけてしもて・・チケット取ってしもた!
ビルボードライブ東京で行われる、八神純子LIVE(4/23)、甲斐よしひろLIVE(5/14)!

まさか、八神純子さんのLIVEを見れる日が来るとはw
中学生の俺に伝えたい気分やね。
dtl_10406_1.jpg


甲斐さん、数年前にNHKホールで見た甲斐バンドのライブ以来。
dtl_10362_1.jpg




八神純子さんの「八神純子 with 後藤次利 “The Night Flight 4”」
八神純子アー写.jpg

行こうと思うたのは、このメンバーの威力がデカい!!
Dr:村上'PONTA'秀一
Ba:後藤次利
Gt:北島健二
Key:佐藤準


このメンバーで「みずいろの雨」演るってのが無性にワクワクする。




甲斐さん、今回はソロでのライブ。
2031230_201311250461067001385330432c.jpg

これまた俺的にはタイムリー。
猿・・去る2/18(土)、立会川にある「音市(OTOICHI)」で、イベントがあった。

「甲斐バンドDay 〜翼あるものたちの集い〜」
20170218_164812.jpg

甲斐バンドを愛する人達が集まって、甲斐バンドの曲を演奏し〜歌い〜声援した。

ほんま、翼を広げた皆さんの姿を後ろから見ながら参加させてもらえたんは、めちゃ幸せやったし嬉しかった。参加された皆さん、ほんま有難うございました!

是非、甲斐バンドDay Part2 やりたいですね。また皆さんと再会したいです!

そんな興奮冷めやらぬ時に、甲斐さんのライブを見つけてもたからね、、思わずチケット取ってしもたよねw

甲斐バンドとは趣向の違うライブになるんかな?それもそれでめちゃ楽しみや〜。




posted by ManboGT at 02:05| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

これまたレインボーファン必見!日本武道館での「レインボー ライヴ・イン・ジャパン 1984」ライブDVD・CDも正規版が発売されてる!


連チャンやけど、書きます!
見つけて〜買って〜見聴きして〜最高やったから。

「レインボー ライヴ・イン・ジャパン 1984」ライブDVD・CDも正規版として発売されてます!
81VtpE0TbVL__SL1500_.jpg

下記のDVDやCDも、発売されてて驚きと嬉しさでオトナ買いしました。

【ディープパープル(第三期)リッチー・ブラックモア脱退直前「ライヴ・イン・パリ 1975」のライブCDも正規版が発売されとるw】

【レインボーファン必見!コージー・パウエル最後の「モンスターズ・オブ・ロック 1980」のライブCDとDVDが発売されていた!】


このライブ、当時行こうとチケットを求めたんやけど、入手出来んかったんですよね。
レインボーとしては、一旦これが最後になった時期でした。

翌年、ディープパープルが二期のメンバーで復活しましたからね。

このラインナップ、俺としてはあんま好みではナイです。

でも、リッチーのギターが最高。
特にアイサレンダーの後半のソロや治療不可。

当時のリッチーは40歳手前かな?くらいの円熟期。

翌年再結成した二期パープルの平均年齢は40歳とか41歳とかで、仲間達と「おいおい、40歳でハードロックかいな!ほぇ〜〜!」って驚いてたもんでした。

しかし、今や70歳を超えた"あの人達、この人達"が世界ツアーをしとるから、もう40歳とかの騒ぎちゃうね。つか、当時のリッチー・・今の俺より10歳若いっちゅうねんw

このライブは、当時ビデオソフトで発売されたからそれは見ました。
あれから数十年。
あの時とか違う気持ちやけど、それでも楽しく観れました。そこには懐かしさと思い出もめっちゃ複合されとると思うけどね。






posted by ManboGT at 03:44| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディープパープル(第三期)リッチー・ブラックモア脱退直前「ライヴ・イン・パリ 1975」のライブCDも正規版が発売されとるw


立て続けになるけど、これは書かずにおれません!

ナンと、ディープパープル第三期の「ライヴ・イン・パリ 1975」も正規版ライブCDが発売されてましたw
71FjmSQcGsL__SL1200_.jpg

※この前に書いたのは・・・
【レインボーファン必見!コージー・パウエル最後の「モンスターズ・オブ・ロック 1980」のライブCDとDVDが発売されていた!】



そら確かにね、この数十年、ディープパープルやレインボーの情報を追いながら生活してなかったしね。これらの情報に疎くなってたのは事実。

素晴らしいね!
技術的な上手さとかやなく、音の迫力っちゅうのが・・今のバンドとは全然ちゃうね。
今のバンドや音は、キチンと統一されててバンランスも整ってて。勿論、演奏技術もすごくて。

でも、この時代の音はやっぱちゃう。
多分、パープルはこの時代ではかなり技巧派の部類に入るから、人によっては音圧とかに物足りなさを感じたりもするかもしれんけどね。

三期と二期の曲が混じってるリストになってて、二期の曲は若干の違和感を覚えるけど、それも楽しんで聴ける。

誰か一人が変われば、それ以前と音やノリは変わる。
でも、リッチーとロードとペイスがおるならサウンドはナンとか”パープル印”を保てるかなって。

歌モノのバンドやから歌が一番やけど、幸いギランもカヴァーデールもスタイルは違うけど、ええヴォーカルやからね。ま、個人的に?ね。

ま、でも、なかなかおもろいもんで、
これら、一番ハマってた頃にこんだけ色んな音源や映像が発売されても、それを全部買い漁るってなかなか難しかったりする。でも、今なら出来る。

そう、オトナ買いw!

それが出来る中で、これらを見聴きして楽しめるのは、今やからこそ実現可能やろから。

もしかしたら、今は今でそう悪くない??
って、思うことにしますw





posted by ManboGT at 01:07| Comment(0) | ライブレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金