2017年04月19日

俺は周囲の人達からシゲキを受け、ヒデキは誕生日を迎えた4月の良き日!


「神様、愛よりも〜お金が〜必要で〜」と、愛を込めて歌うシンガーがいる。

「赤く咲くのは けしの花〜白く咲くのは〜百合の花〜」と、ギター一本で歌う平成のおんな流しがいる。

DSC01048 (2).jpg


圧巻のドラミングで、見る度に心を"ヨネ"っと鷲掴みにされるドラマーがいる。

変幻自在のベースで、見る度に心を"サマ"っと鷲掴みにされるベーシストがいる。

希望と激唱で包み込む、進化が止まらんモンチッチなシンガーがいる。

「Come Together」を、アコギでヘヴィにグルーヴィに弾く"スティーブ・ガッド"なギタリストがいる。

彼女が歌う曲を聴くと、その歌のメロディと歌詞に加え"情景"が見える。そんなシンガーがいる。

"こんな場末の店にようこそ!"と、愛情一杯で空席以外は満席にする浪速のシンガーがいる。

そのギターを聴いた時、あまりのグルーヴに"現人神なんか?!"と、畏敬の念すら抱いたシンガーがいる。

その声に撃ち抜かれた。あの青春学園ドラマの主題歌を歌うシンガーがいる。

たった二人でアイドル歌謡をあれだけ昇華させて魅せるデュオがいる。

そのご夫婦が演奏する曲は名曲揃いであり、演奏した後ご主人は瞑想する。そんな素敵なデュオがいる。

「ローリング30」というアルバムについて教えて頂きたい、ローリング60のシンガーがいる。

会う度に「初めまして!」と言葉を交わし、エロいチョーキングでドライブさせるギタリストがいる。

遅咲きのアレサは、今や「それ誰さ?」と言わんばかりのソウルフルな存在感を放つ、姉なシンガーがいる。

この子の背中を見て叩いている時、いつも「もっと翔んでいけ!」と、願うシンガーがいる。

始めて間もないカホーンで「TOP OF THE WORLD」を見事に演った愛しい弟子がいる。

彼とセッションする時、何よりも彼とのコンタクトが魅力。そんな"a day"なシンガーがいる。

近く迫るイベントに備え、仕事帰りにスタジオへ入りドラムの練習に励む愛しい弟子がいる。

「アビイ・ロード」の再現ライブをしようと固い約束を胸に、今日も千歳空港のロビーで来るばずの無い恋人を待つシンガー、いや、アーティストがいる。

Scramblerがいる。


ここには書ききれないくらいに、多くの人達にシゲキを受けている。
むっちゃ幸せやで、これは。

俺も、そろそろまたヘヴィなヤツをやろっかな。

そして、ヒデキさん。誕生日おめでとうございます!


posted by ManboGT at 03:18| Comment(0) | 脱線日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

俺が「吉田拓郎、スゴッ!」って感じる、圧倒的なこの一点!


以前も書いた事あるけど、吉田拓郎の大ファンっちゅうワケではない。(とはいえ、好きな曲あるから、嫌いやナイ。要は詳しく知らんだけっちゅうね)


んな感じなんやけど、
「吉田拓郎、スゴッ!」って感じる、あまりに圧倒的なトコがある。



拓郎さんって歌う時、譜面台(歌詞モニター)を立てて歌詞を見ながら歌う。拓郎さんの他にも譜面台(歌詞モニター)を立てて歌うミュージシャンはおるけど。

唯一、彼だけなんよね。
譜面台を立てて歌詞を見ながら歌うてるのに、歌い放つ波動が見ている側へ飛んでるって感じる人は。(※意見には個人差があります。)

俺の勝手な思い込みっていう前提なんやけど、これ驚異的。

譜面台(歌詞モニター)を立てて歌う時、目線は譜面台(歌詞モニター)へ。目線が譜面台(歌詞モニター)へ向いてるから、自然と身体も譜面台へ向く。やから、歌い放つ波動は見ている側へ飛ばない(歌に限らず演奏も)。ってね。

声や音自体は、口や楽器から、マイクやシールドを通してスピーカーから聞こえてくる。でも、それと波動は違うんですわ。

ところがギッチョン、拓郎さん。
あんだけ譜面台(歌詞モニター)に釘付けやのに、波動が見てる側へ飛んでくるんよな〜(笑。

これ、フ・シ・ギ。








ラベル:吉田拓郎
posted by ManboGT at 01:46| Comment(0) | 脱線日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

富山銘菓 リブランの「甘金丹(かんこんたん)」が美味!お土産、ご馳走様でした!


富山銘菓として、洋菓子・和菓子・バースディケーキ・富山のスイーツ専門店「リブラン」が発売しているスチームケーキ「甘金丹(かんこんたん)」を戴きました。
20160508_005915.jpg

20160508_010000.jpg

20160508_010220.jpg


初めて聞いた名前の菓子でしたね。

ふわふわに蒸し上げたスポンジの中に、口当たりがまろやかなカスタードクリームを包んでいます。このカスタードクリームの甘さ加減がええ。

ナンちゅうか、味のバランスって上手く図ってるよね。甘すぎると飽きるし、逆やと物足りない。食うた人の味覚の好みがそれぞれあるから、このバランスが正解!と断言はせんけど、俺はこの味むちゃ好きやねー。


この姿形を見て、「あ、◯の◯に似てる?!」って、思われた方。
俺も同感です。品物として姉妹品という関係ではナイけど、同じフィールドに共存するお菓子やと思います。

どちらも美味い。それでOK!

姫、ご馳走様でした!



posted by ManboGT at 03:42| Comment(0) | 脱線日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金