2013年10月05日

高円寺JIROKICHI Play's Steely Dan最高! 2013.10.3 天野清継(Gt)/梶原順(Gt)/バカボン鈴木(Ba)/平陸(Dr)


今年1/11のライブレビューにも書いた「Play's Steely Dan」のライブ。

10/3(木)、同じく高円寺JIROKICHIへ参戦してきました!
KIMG0327.JPG

今回のライブ。参戦しよう!って思うたのは・・・
ドラムが平陸(タイラ リク)クンやったのです!

Riku_Taira.jpg
↑ ↑【近影ではナイですけど・・・^^;】

J&Kというバンド(ユニットかな?)のライブを見に行った時、彼のプレイを初めて見て以来〜ファンになりました。純粋に見ていて楽しい気持ちになるのです。これはめっちゃスゴイ事!

また、そういう気持ちになりたくて〜今回のライブを見に高円寺へ行ったワケです。

「Play's Steely Dan」は、スティーリーダンの曲を演奏しているものの、独特なアレンジ&構成なので〜原曲と比較する事なく楽しめる。そして〜天野さん、梶原さん、バカボンさんの強者ミュージシャン達と渡り合う陸クンのドラム、カッコ良かった〜☆

陸クン、何しろ〜音の色合いとタッチが素晴らしいです!「渋み」という点では、強者トリオに年輪的要素も含めて軍配は上がるけど〜あのギャップがまた新鮮!

あまりに楽しくて〜ついついビールにジントニックに色々飲んじゃって・・・余計に気持ち良くなってしまった。

もっと女性ファンを多く獲得しそうな容姿でもあるけど〜それはこれからのお楽しみって感じなんかなw

演奏曲も、お馴染み「Peg」「Josie」「Aja」や「Gaucho」「The Goodbye Look」「FM」「Bodhisattva(菩薩)」「Kid Charlemagne」などなど。他にも演奏しましたが〜今回、曲目をメモしなかったので・・・詳細は分からずです。

毎回、天野さんと梶原さんのWギターには心躍ります。レスポールを弾く天野さんを初めて見ました。MCで「ライブでは殆ど弾かない」ってご本人も言うてたましたね。

また次回のライブ、楽しみにしちょります☆


平陸クンのHP
http://www.rikutaira.com/
是非、ご覧下さい☆


ほな、今回のライブレビューはここらでお開きです^^/












posted by ManboGT at 04:17| Comment(0) | 天野清継のレビュー(関連含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

高円寺JIROKICHI Plays Steely Dan 天野清継(Gt)/梶原順(Gt)/バカボン鈴木(Ba)/鶴谷智生(Dr) 2013年1月10日☆セットリストあり!


今回のライブレビューは、
2013年1月10日に高円寺JIROKICHIで行われた「Plays Steely Dan」です☆
DSC_0516.JPG

DSC_0517.JPG

「Plays Steely Dan」***********************
天野清継(Gt)
梶原順(Gt)
バカボン鈴木(Ba)
鶴谷智生(Dr)

***********************
の4人からなるバンド。

あ、鶴谷さん〜!
昨年の紅白歌合戦、矢沢永吉さんのバックバンドでドラム叩いてましたね〜☆


「Plays Steely Dan」は、名前の通り〜70年代から80年代前半を中心に活動していたアメリカのユニット、Steely Danのカヴァーバンドです。Steely Danのメンバーであるドナルド・フェイゲンのソロ曲も演奏します。

Steely Dan、ご存じですか?
このバンドを演奏する事自体、なかなかご多忙的な試みなのですが・・・キーボードレスで、歌ナシというw。最近慣れてきましたが〜初めて見に行った頃は、演奏の慌ただしさに〜笑ってしまいました。つか、天野さん&梶原さんのギターが凄過ぎてw

確か、このブログでも以前見たライブの記事を書いたような記憶が・・。。


そんなこんなで〜
「Plays Steely Dan」のライブを見るのは、今回5回目です。

今回のライブで演奏した曲のセットリストです☆
*************************************
■高円寺JIROKICHI
 2013.1.10 18:30OPEN 19:30START

●1st stage
01:Gaucho
02:Green Flower Street ※
03:The Goodbye Look ※
04:Walk Between Raindrops ※
05:Aja(彩)
06:Peg

●2st stage
07:Glamour Profession
08:FM
09:Kid Charlemagne
10:Maxine ※
11:Josie
12:Bodhisattva(菩薩)

●アンコール
13:Green Earrings

※:ドナルド・フェイゲンのソロ曲
*************************************

この日のライブは〜
全くの偶然らしかったのですが!Steely Danのメンバーであるドナルド・フェイゲンの誕生日やったようです☆


03後のMCでは〜
梶原さんが「この曲は聞くモンで弾くモンではないです」って言うてましたなw

04では、バカボンさんが軽快なステップで演奏してました。
DSC_0525.JPG
↑ ↑【バカボンさんのBass】

04後のMCで〜
天野さんと梶原さんが「去年発売したドナルド・フェイゲンのソロアルバム『Sunken Condos(サンケン・コンドズ)』、相変わらず意味不明なタイトルですよね〜。でも曲はいい!これ、10年後に演りましょう〜!」と。

08前のMCでは、
「これから演奏する『FM』は、映画、『FM(1978)』のために書かれたテーマ曲で、Steely Dan のオリジナル・アルバムには入ってないんですよね〜。」と天野さん。
梶原さんが「俺が持ってるベスト盤の1曲目に入ってますよ〜」と。
天野さんが「映画は見た事ないんですけど、めちゃめちゃ明るい映画だとしたら、この奇怪な曲ってどうなんでしょうね」と。
「それは、十分にあり得ますね〜」と梶原さん。


しかし、いつ見ても〜天野さんと梶原さんのWギター、凄いねw
DSC_0524.JPG
↑ ↑【天野さんのGt】
DSC_0521.jpg
↑ ↑【天野さんのエフェクター】
DSC_0526.JPG
↑ ↑【梶原さんのGt】
DSC_0527.JPG
↑ ↑【梶原さんのエフェクター】

大体、1コーラスずつ担当してメロディーを弾き〜その後にそれぞれがソロをブッ込んでくる感じです。
あの強者2人が、必死に弾いているので・・余程ですよねwま、本来キーボードで表現しているのを〜ギターで無理くり弾いてるんですから・・そうなりますわな^^;。。

2人のギターが目立ちますが、バカボンさん&鶴谷さんがボトムをガッツリと支えているから〜成り立っているトコでもあります!


この日は〜
生ビール、グレープフルーツジュース、殻付きアーモンド、ジントニック、レモンスカッシュ。を飲み食いしました☆

JIROKICHIへ入る前に喜多方ラーメンも食うたし。満足!!

次回、「Plays Steely Dan」のライブはいつでしょうかね〜?また楽しみにしとりますよ〜☆☆☆


このライブ、ライブ音源配信がされているようで。
「即レコLIVE」

http://okmusic.jp/#!/sokureko

早速、まとめて購入してみました☆☆☆


ほな、今回のライブレビュー。
ここらでお開きですぅ〜^^/















posted by ManboGT at 01:47| Comment(0) | 天野清継のレビュー(関連含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

ライブレポート Play's Steely Dan 2012.8.30 モーションブルー横浜 天野清継/梶原 順/バカボン鈴木/鶴谷智生

横浜〜たそがれ〜♪
たそがれてる場合ではナイ!
赤レンガ倉庫の中では・・・。



今回のライブレポートは、2012.8.30 モーションブルー横浜での「Play's Steely Dan」です☆
mai1.jpg

m2.jpg

メンバーは、お馴染み〜〜!
天野清継(Gt)
梶原 順(Gt)
バカボン鈴木(Ba)
鶴谷智生(Dr)

です☆

DSC_0279.JPG
↑↑天野さんのGtとその向こうにバカボンさんのBa。

mail7.jpg
↑ ↑梶原さんのGt。(ちとピンボケした。。)

mail4.jpg
↑ ↑鶴谷さんのDr。

mail5.jpg
↑ ↑梶原さんのエフェクター群。

DSC_0277.JPG
↑ ↑天野さんのエフェクター群。

DSC_0278.JPG
↑ ↑ちと遠いけど、バカボンさんのエフェクター群。

今までは、いわゆる「小屋」と呼ばれるライブハウスで見ていたライブですが、今回初めて「Live & Restaurant」の類いとなるモーションブルー横浜へ行って来ました。


この日のセットリストを書きますね〜。

【1stステージ】
1:Babylon Sisters
2:??????? ※(多分・・)
MC 1-1
3:Green Flower Street ※
4:Aja
MC 1-2
5:Kid Charlemagne

【2stステージ】
1:Black Cow
2:Gaucho
MC 2-1
3:Josie
4:Walk Between Raindrops ※
MC 2-2
5:Peg
6:Green Earrings
〜アンコール〜
7:Bodhisattva

※:ドナルド・フェイゲンのソロ曲。

てな感じなのですが・・・
1stステージの2曲目、曲目忘れたぁぁぁぁw!!!!申し訳ないっ><人 ・・って、誰に謝ってるんだか分からんけど。。

あ、このブログ見た人&このライブに行かれた人で、曲目分かるようでしたら〜教えて下さいませ〜m(__)m


さて、
この「Play's Steely Dan」は、上記4人のミュージシャンがSteely Danの曲をインストでカヴァーする。という、極めてシンプルな構造で出来ているのですが・・・ナンか、曲はカヴァーなんですが〜間違いなくオリジナリティーが出ちゃってますよね、このバンド。


インストっていうのが、大きいとは思うのです。
もし誰かが歌っているとしたら、やはりドナルド・フェイゲンの特徴あるVoと比較してしまうんでしょうけど、そうではないので、これはこれとして独立して聴くワケですよ。


そして、キーボードレスというのもありますよね。
Steely Danは、キーボードの曲に占める割合というか、重要度が高いので。


そんなこんなで、聞こえてくる曲は知っているメロディーなのですが、Steely Danと比べて聴いていないのです。「Play's Steely Dan」というバンドとして聴いている。これはなかなか面白いと思いますYo☆


キーボードレスという事については、ご本人達もライブのMCで言うてます。「めっちゃ大変です」と。そして、コード進行がヘンなので〜余計にそれらをギターでやる事に無理があるっ!とも。ま、そらぁ〜そうでしょうね^^;。。ご本人達は大変でしょうが、聴いてるこちら側は、その大変な様子を見るのも「込み」で楽しんでるので〜これからも・・大変でいて下さい☆


あ!
「Aja」は、鶴谷さんが少しヴォーカル取りましたよね?!あれは、アクセントになって良かったですよ。ま、歌うてたトコ以外って・・・ドラム、、歌うてる場合ではナイ曲ですからね。。「Aja」って。。


1stステージは、5曲と2回のMCを挟んで終了。
「ん?もう終わりw?」と、密かに感じての2stステージ待ちでした。でも、ご本人達の感じてたようで〜2stステージの1曲目「Black Cow」はこの日予定していたリストには入ってない曲で、ぶっつけ本番での演奏やったらしく。「1stステージ、ちょっと早く終わり過ぎ?って思ったので、急遽1曲増やしました」と天野さん。「この曲くらいしか〜ぶっつけ本番で出来ないですしね^^;」と梶原さん。その甲斐あってか?この曲の出だしが鳴った時、客席から「おぉ〜!」と歓声が上がりました!


2stステージのMC 2-1(2-1=2stの1回目って意味)で、「Play's Steely Dan」が結成されたいきさつ?きっかけ?みたいな事を天野さんが言うてましたね〜。天野さんとバカボンさんが、とあるミュージシャンのセッションで一緒になった時、休憩中とかにバカボンさんがSteely Danの曲を譜面ナシで弾いたそうで、「譜面は俺の頭に入ってる」というバカボンさんの言葉に、天野さん・・驚愕。「なら、Steely Danの曲を演るバンドやろうよ!」って感じになったらしいです。


譜面が頭に入っているバカボンさんです。当然ながらSteely Danが大好物です。MCで「スティーリーダン、ベース募集してないかな〜?」なんて言うてましたな。メンバーから「今さら?」とか「プレイヤーとかで募集?」「フロムエーとかで募集?!」とか、どんどん話が獣道(けものみち)の方へいってましたが。


この日のライブ、演目が演目なので当然なんでしょうけど〜平均年齢は割と高め。でも!なかなかの盛り上がりを見せていたのです☆MCで客がツッコミ入れてたり問いかけたりもしてたし。ま、こういうのって演者側からするとやりにくくなるケースがあるから、見る側も気を付けなアカンとこではあるけど〜そんなん言うたら・・・関西圏とかでライブやったら・・どうなんでしょうかね^^;? 俺、もうこっちの方が長いから関西でライブとか見る事ないけど、やはり〜客は演者にツッコミ入れてるんですかね〜☆


2stステージ4曲目の「Walk Between Raindrops」。これは、ドナルドフェイゲンのソロアルバム「ナイトフライ」からの曲。クリスマスを思わせるシャッフルナンバーで、個人的にも好きな曲です。でも、予定していた尺より短く終わったそうでw。これは、天野さんの・・・??的な。こういうのも、ライブならではのご愛嬌です。これやからライブは楽しい!


上記にも書いたようにめっちゃ演奏が大変な「Play's Steely Dan」。梶原さん曰く「目の使い過ぎで偏頭痛になる」と。天野さん曰く「目が泳ぐ」と。バカボンさんは・・・譜面が頭に入っているので〜大丈夫っぽいんかなw。


アンコールでの「Bodhisattva」。鶴谷さんのDr、さく裂しました〜☆☆☆ ←三ツ星です!!


こうなったら、「スティーリー団」としてツアーに出よう!!とライブ中に言うてたので〜是非!!ツアーして欲しい!!全国にいるマニアックな客が集って〜かなり楽しいライブになると思います。あ、集客のプロモーションは万全を期して下さい☆☆



てな事で!!
今回のライブレビューは、ここらでお開きですぅ〜^^/












posted by ManboGT at 02:01| Comment(0) | 天野清継のレビュー(関連含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
愛とロックの”脱線必至”ヤミ鍋物語 バイト深夜料金